谷田部俊(我が家)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

谷田部俊(1977年12月14日-)は、日本のお笑い芸人であり、お笑いトリオ我が家のボケ担当。身長165cmで体重53kg。血液型はO型。

略歴

  • 1977年12月14日、埼玉県で生まれる
  • 1995年、埼玉県立浦和東高等学校卒業
  • 2003年以前、「ルーキーズ」を結成
  • 2003年、「我が家」を結成、ワタナベエンターテインメント所属
  • 2005年~2010年、「M-1グランプリ」準決勝進出
  • 2007年、「NHK新人演芸大賞」決勝進出、「第5回お笑いホープ大賞」決勝進出
  • 2008年、2010年~2013年、「キングオブコント」準決勝進出
  • 2011年~2012年、「ヒルナンデス」レギュラー出演

来歴

 学生時代

1977年12月14日、埼玉県に生まれる。中学・高校時代はバレーボール部に所属。高校時代はスキンヘッドだった。学生時代はおしゃべりでたくさん友達がいたという。

1995年、埼玉県立浦和東高等学校を卒業。中学生の同級生である杉山コンビ「ルーキーズ」を結成。

お笑い芸人を志望するも、間違えて俳優の養成学校に入学してしまう。養成所でドラマのワンシーンを演じる授業があり、ボケてみたところ、講師にふざけるなと激怒されたという。[1]

授業後、杉山に養成所を辞めることを提案されるも、谷田部は「演技の勉強をしておけばコントに厚みが出るから、やったほうがいい」と説得し、養成所を続ける。[1]

 我が家結成

その頃、同じ養成所に通っていた坪倉をお笑いライブに誘い、トリオでの活動を始める。「我が家」というコンビ名はトリオを結成した居酒屋「我家(わがや)」の店名から。[2]

2003年から「ワタナベエンターテインメント」に所属。 2005年には結成2年で「M-1グランプリ」準決勝に進出する。[3]

2007年には「NHK新人演芸大賞」決勝進出、「第5回お笑いホープ大賞」で決勝に進出する。さらに、2008年、2010年~2013年、「キングオブコント」準決勝進出するなどお笑い芸人として目覚ましい活躍を遂げる。 また、2011年にはお昼の番組である「ヒルナンデス!」にトリオでレギュラー出演するなどコント漫才以外でも活躍の場を広げる。

2013年に谷田部がラジオディレクターの女性と結婚。我が家の中で唯一の既婚者となる。2016年第1子となる男児が誕生。[4]

芸風

 我が家

  • 下ネタの坪倉、不細工の杉山という2人のキャラを引き立てる立ち位置に居る。
  • 坪倉と谷田部の両者が交互にボケを繰り出し、杉山が絶妙なツッコミを入れるパターンと、3人がボケとツッコミを入れ替えるローテーション漫才の2種類のパターンが大人気である。[5]
  • 3人ローテーション漫才では、まず始めに杉山が小ボケをしてから、それに対して谷田部がツッコミ、次に、谷田部が中ボケをしてから、坪倉がそれに対してツッコむ。最後に、坪倉が大ボケをして、杉山がツッコむことで1ローテとなる。[5]

 谷田部俊

滅多に怒らない性格であり、怒ると黙り込む。我が家の中では地味キャラであり、事務所のスタッフに一般人だと思われた事がある。20歳までは明るい性格だった。

エピソード

  • ワインエキスパートの資格を持っている。
  • 6歳年下の弟がいる。祖父は尺八の先生。
  • 子供の頃、母親に女の子の格好をさせられたり、親にアフロパーマをかけられたことがある。また、子供の頃から親にお笑いタレントになる事を勧められていたという。現在では親に仕送りをしている。
  • 小学校時代、胃腸が弱かったため、登校途中に何度かウンコをお漏らしをした経験がある。
  • 杉山は中学校の同級生。コンビを組んで高校の文化祭でショートコントをやった。
  • 牛乳をたくさん飲んだが身長が伸びなかった。
  • 20歳の頃、金髪の長髪でピアスをしていた。
  • タバコが好き。
  • 健康診断で肝臓が要再検査になった事がある。
  • 失恋のショックで3ヵ月の間に8㎏やせた。
  • 天然パーマである。髪の毛(前髪)が薄くなりかけている。
  • 唇を触る癖がある。
  • 1Kの部屋に住んでいる(6畳にセミダブルベッドと電子ピアノを置いている=11.04現在)
  • カラオケの十八番はイルカ「なごり雪」大江千里「格好悪いふられ方」。電子ピアノを練習中である。
  • 好きなタイプはショートカットの女性。過去には沖縄と埼玉で遠距離恋愛をしていた。
  • 妻の方から告白されて何度か断った末に自分から告白した。[6]

受賞歴

代表作

 テレビ

  • ヒルナンデス!(日本テレビ、2011年3月28日-)月曜レギュラー
  • 爆笑レッドシアター(フジテレビ、2009年-2010年)
  • あげテンッ(東海テレビ、2009年-2013年)
  • life!~人生に捧げるコント~(nhk総合テレビ、2012年-2014年)
  • エンタの神様
  • きらきらアフロ
  • 逃走中

 ラジオ

  • 我が家のネタちょーだい!

脚注

 出典

  1. 1.0 1.1 単独ライブDVDをリリース!我が家インタビュー(エンタ@jisin) - 女性自身[光文社女性週刊誌]
  2. 麻布台出版社「お笑いポポロ」2008年2月号 より
  3. 麻布台出版社「お笑いポポロ」2008年2月号 より
  4. 我が家・谷田部がパパに! 「これで谷田部家もトリオに」エンタメ ブログ 2016年2月18日
  5. 5.0 5.1 [[1]]11月14日(金)第187回ゲスト: 安達祐実×坪倉由幸
  6. [2]有名人データベース谷田部俊