誠子(尼神インター)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

誠子(せいこ 1988年 12月 04日- )は、お笑いコンビ『尼神インター』のボケ担当。身長162cm 体重 65kg、血液型O型。吉本興業所属。

来歴

 子ども時代

三姉妹の長女で、妹に双子の姉妹が居る[1]。 高校生時代は、本人曰く、地味で根暗であった。[2] お調子物の同級生男子とかを横目で見ながら「何がおもろいねん」と、冷めた瞳で見ているタイプであったと語っている。[3] 高校3年生の時にM-1グランプリを見て、お笑いの世界に憧れて志すようになる。 とりわけ憧れていた芸人千鳥。『ZAIMAN』や『オールザッツ漫才』といった千鳥の出ている番組を夢中で見ていたという。[3] その後、大学進学が決まっていたが、これを辞退してNSCに入学。[4]

 若手時代

NSC時代は中国人とコンビを組んでいたことがあるなど、たびたびコンビの解散を繰り返していた。 中国人の相方には一度、ネタ合わせ中に「“なんでやねん”ってどういう意味?」って聞かれた事があり、その瞬間、解散を決意したという。[3] また、同期の男芸人たちからは影で『シュレック』と呼ばれていた。[3]

2007年9月『尼神インター』結成。別のコンビを組んでいたが、に「あいつとは別れろや」と言われたことで誠子がグッと来たことがきっかけ。[5]

また、は誠子を相方に選んだ理由として「500-600人も居る同期の中で、自分の中では不細工な誠子が輝いて見えた」と言い、誠子は「見た目がヤンキーなので断れなかった」とも話している。コンビ名“尼神”は2人の出身地“尼崎”と“神戸”の頭文字を取っている。

 現在

2014年度『よしもとべっぴんランキング』14位に選ばれる。

2015年には、関西の登竜門的な大会『オールザッツ漫才2015』で優勝し、M-1グランプリでも準決勝まで進出。2016年には『第37回ABCお笑いグランプリ』で決勝に初進出し、結果を残している。[6]

芸風

 コンビ

ネタの大まかな構成は誠子が考えている。女性が「いいな」とか「キュンキュンする」ような「恋愛のあるある」がネタに盛り込まれている。これらは誠子が過去に触れた少女マンガや恋愛ドラマがベースにあると明かしている。[7]

2009年までは誠子がツッコミボケで立ち位置が逆だった。この当時について誠子は「私がシュールなツッコミをしても、誰も笑わなかった」と話している。

主な漫才の流れは、ぶりっ子キャラの誠子が繰り出す「いい女が言いそうなことを言う」勘違いボケや、誠子が痛い感じの女性を演じて、元カレ役ののアプローチに軽く付いて行く、などのネタを基調としている[8]

芸風は基本的に漫才を行っているが、コントも行うこともある。

タイプ的には正反対な二人である。誠子は「芸人としてではなく、普通に出会っていたら確実に友達にはなっていませんからね。」と語っている。[3]

エピソード

  • 美人な双子の妹がいる。学生時代は妹たちから「私たちは綺麗なのにお姉ちゃん(誠子)がこんな顔で恥ずかしい」と無視されていたのに、テレビに出るようになってから急に連絡がくるようになったと明かしている。[9]
  • 2016年8月2日に放送されたバラエティ番組「雨上がりの『Aさんの話』事情通に聞きました!」(朝日放送)で、素人の依頼者を手助けするために番組企画でヌードになったことがある。[10]
  • 「日本女子博覧会」というイベントにて、NMB48・吉田朱里の手ほどきでアイドルへの変身に挑戦したことがある。吉田自身は「私が普段しているメイクをやった」と誇る自信作だったが、総合司会のケンドーコバヤシからは「ツボを売ってる怪しいババア」と酷評された。[11]
  • 『顔がおぼんぐらいデカいから』と言われ、フラれた経験がある。[12]
  • 一方でネットでは可愛いという声もある。相方の渚曰く「パーツはいいんですけどね。トータルで見るとブスっていう奇跡」。[12]
  • 2016年1月25日放送の「ごきげん!ブランニュ」(ABCテレビ)にて、月給が約20万円であることをバラされた。[13]

受賞歴

  • 「ABCお笑い新人グランプリ」第32回(2011)新人賞

出演

尼神インター

 DVD

  • 「凸base~baseよしもとネタ全集2011~」
  • 「凹base~baseよしもと野球大会2011~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「オオサカファンタスティックベストコンサート」よしもとアール・アンド・シー

出典

  1. [◆金曜ゲスト◆☆尼神インターさん☆モーニングライダー! 藤川貴央です
  2. 日経エンタテインメント! 2016年10月号 p.109「今月のコンテンツガイド」
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 第15回 『尼神インター』 前編|インタビューwithキタイ花ん
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(59)】東京進出目前の実力派女性コンビ、尼神インター - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
  5. テンプレート:Cite web
  6. 2016年下半期大注目の女お笑い芸人はコイツらだ - ライブドアニュース
  7. 【5up真夏のキラキラ単独祭り】尼神インター インタビュー
  8. 日経エンタテインメント! 2016年10月号 p.109「今月のコンテンツガイド」
  9. 尼神インター・誠子の美人すぎる双子の妹にさんま、フット後藤も驚き! 2016年11月4日閲覧
  10. 尼神インターの誠子がヌードに、「きょう脱ぐつもりで来た」と自ら全裸。-ナリナリドットコム
  11. 尼神インター・誠子、アイドルに大変身!のはずが… (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
  12. 12.0 12.1 尼神インター「見て面白いと思ったら我慢せんと笑え!」7月24日『大阪よしもと漫才博覧会プレミアム』開催! | OWARAI FAVCLIP|お笑いファブクリップ - お笑いニュースを毎日配信!
  13. 尼神インター誠子 月給は約20万円/芸能/デイリースポーツ online