菅良太郎(パンサー)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

菅良太郎(かんりょうたろう 1982年04月07日-)は、お笑いコンビ『パンサー』のボケ担当。身長173cm、体重62kg、血液型がA型である。

来歴

子ども時代

東京都練馬区出身。 北豊島高等学校卒業。33歳まで実家暮らしをしていた。実家はほどほどに裕福だったため、売れなかった頃は実家でバイトをしていた。[1]

若手時代

2003年に東京NSCに9期生として入学。東京NSC同期である畑中しんじろうとのコンビ「ハイアンドロー」として活動していたが、畑中に「新しい笑いを見つけた」と言われ解散。

コンビ解散後からパンサー結成までの期間、同期のジューシーズの単独ライブ程度にしか出演しておらず、芸人としては活動休止状態にあった。

パンサー結成(2008年-)

2008年6月16日に尾形貴弘、向井慧に声をかけられ「パンサー」を結成。尾形と向井は、それぞれ解散後、菅と組もうと考えていた。最初は菅と尾形が組むことになったが、向井が「僕も入れてください」と言いパンサーが誕生した。尾形は、「向井を入れなかったら自分がツッコミをやらなければいけなくなっていたのでよかった」と述べている。トリオ名の名付け親はピース・又吉直樹であり、他の候補には「スーパーカブ珍道中」があった[2]

ブレイク

尾形が『ロンドンハーツ』のドッキリによる出演により、人気が出ることとなった。

芸風

コンビ

主にコント。頻度は少ないが漫才も行っている。ネタの中では尾形がツッコミをするもの、尺のおよそ半分を二人で進めるものもある。

  • 漫才の立ち位置は向かって左から菅、向井、尾形となる。フリートークの立ち位置も同様である。
  • 出囃子はCAPSULEの「Starry Sky」やRADWIMPSの「トレモロ」。
  • ネタはすべて菅が担当していて、書き上げた台本は基本的に変えずに、3人で練習する。菅が「こんなボケがあるな」と、思い付いて、そこからアイデアを広げて考えていく。シチュエーションから考えることはあまりないという。[3]
  • トリオの名前は、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が名付け親である。又吉が「みんなの好きなものは何?」と共通点を尋ね、3人ともヒョウが好きだったので『パンサー』に決まった[3]
  • 意識する芸人は、『ジャングルポケット』や『ジューシーズ』といった同じ世代のトリオ。

ピン

菅についての印象:尾形「プライベートが謎で、分からない人物」、向井「謎が多いですよね。」。

  • ネタの台本の尾形のセリフは15秒で考えているらしい。また、菅の書く尾形のセリフに「サンキュー!」の文字はない[4]

エピソード

人物エピソード

  • 舞台裏では、一人でギターを弾いている[3]
  • 蟹が出てきたら映像に合わせて『蟹』って言うだけの仕事を経験したことがある。
  • 新宿2丁目のオネエ系のバーにはまり、向こうの世界に目覚めかけている[5]
  • 同期の芸人からは「菅ちゃん」と呼ばれることがある。
  • ネコが大好き。生まれ変わったらなりたいものも携帯電話の待ち受けもネコ。ネコが好きすぎて、お気に入りのネコの動画フォルダを作っている[6]。レギュラー番組「やすだの歩き方」では自身の持ち込み企画でペットショップに行きネコ3匹を購入した(そのペットショップには相方向井の姉が偶然務めていた。)[7]
  • 愛猫がスマートフォンで自撮りしていた[8]
  • 向井が「パンサーの中で一番熱いのは菅さん」と述べるほど、見た目のイメージとは違い熱い性格で、すぐ泣きそうになる尾形(実際には泣いていない)よりも実際はとても涙もろい。2700のケンカを泣きながら止めた。そのとき熱いキャラとされる尾形は煙草を吸っており、そのことに関しても「なんで先輩のあんたがケンカを止めないんだよ!」とキレた。333の2000人ライブの打ち上げで「みんながいい人すぎて…」と号泣。またジャングルポケットの武山の切ない話を聞いたときや、いい音楽を聴いたときも泣いてしまう[9]
  • 甘い食べ物が苦手であり、カスタードプリンを食べるだけで泣きそうになる。
  • 声優やアニメが好きで、特に声優では能登麻美子や緑川光などが好きだと述べている。アニメや爬虫類のフィギュアも収集している。

父親

  • 家族を捨てて突然バリに移住、現在は現地でラーメン屋を経営している。
  • 子ども時代は裕福だったようで、クリスマスシーズンは「もみの木を本当に切って家に置いて過ごしていた」「毎年、実家でターキーを焼いて、家族とプレゼントを分け合うという習慣があった」と語っている[10]。 

交友関係

  • 『今の相方以外で組みたい人は?』という質問で「マヂカルラブリー・野田」と挙げ、今の相方以外の誰と組んでも良いのであれば5人組が理想で、メンバーは同期のしずるの2人と、ジューシーズ松橋、マヂカルラブリー野田を挙げている[5]。ジューシーズ松橋とともに断食に一週間挑戦し、近況を自身のツイッター内でつぶやいていた。
  • マヂカルラブリーの野田とエリートヤンキーの橘と共に「かんみのだ」というライブをやっている。
  • 音楽が好きで、音楽にからんだ企画のときはテンションがあがってしまう。またiPodのプレイリストをシチュエーションごとに細かく分けて聴いている。「雨の日」や「夏の夜の風が心地よいとき」、「天気の良いとき」など[6]。赤い公園やクリープハイプ・尾崎世界観などのミュージシャンとも交友関係がある。
  • また阿佐ヶ谷ロフトAにて、音楽好き仲間であるニューヨークの嶋佐・やさしいズのたい・サンシャインの坂田と共に「くだらないの中に」という音楽について語るライブを定期的に行っている。

受賞歴

  • キングオブコント2011年度 準決勝進出
  • キングオブコント2012年度 準決勝進出
  • キングオブコント2013年度 準決勝進出
  • キングオブコント2014年度 準決勝進出

出演

パンサー

テレビ

(現在のレギュラー番組)

  • やすだの歩き方(CBCテレビ、2012年4月5日 - ) *2013年3月29日まで向井のみ。2013年4月4日より全員。
  • 地元スポーツ応援団スポッち!(東北放送、2014年5月7日 - )
  • パンサーの「競輪、はじめました。」(BS日テレ、2016年4月9日 - )

(準レギュラー)

  • ZIP!(日本テレビ) -「笑いの単語チョウ」コーナーに不定期出演
  • エンタの神様(日本テレビ)(不定期放送)

(過去のレギュラー番組)

  • 333 トリオさん(テレビ朝日、2010年10月30日 - 2015年9月27日)
  • パワー☆プリン(TBS、2011年10月12日 -2013年8月30日)
  • それゆけ!ゲームパンサー!(日本テレビ、2013年4月4日 - 2015年3月27日) - 冠番組
  • 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ、2013年4月10日 - 2014年3月26日) - 水曜日週替わりレギュラー
  • 笑っていいとも!増刊号(フジテレビ、2013年4月 - 2014年3月)
  • 王様のブランチ(TBS系列、2013年7月6日 - 2016年3月26日) - 基本第2部のみの出演だが、稀に第1部にも出演することがある。
  • 8Bang!(仙台放送) : 「カノ☆パン」は狩野英孝とパンサーの冠番組(不定期特番)


ラジオ

  • アッパレやってまーす!水曜日(MBSラジオ、2016年4月6日 - )向井のみ。
  • よしもと下克上(TBSラジオ)
  • パンポケ(NACK5、2012年8月20日、12月17日、2013年4月28日)
  • パンサーのオールナイトニッポンR(ニッポン放送、2013年10月26日、12月14日、2014年4月26日、6月14日、2015年3月14日)

Web

  • よしログ(ヤフー 月1回、2011年1月- )
  • オリエンタルラジオのマンガの日(ヤフー 、2010年2月26日)
  • チャンネルい~が(2012年11月24日 - 2013年3月31日)


菅良太郎

テレビ

  • 容疑者は8人の人気芸人(2015年4月18日、フジテレビ) - 本人 役(菅)

Web

  • かんみのだ(ニコニコ動画、不定期)

出典

  1. 2016年10月31日(月)実家暮らし大好き芸人のよしログより。
  2. 「パンサー」の名付け親は「ピース」又吉だった!
  3. 3.0 3.1 3.2 パンサー:名付け親はピース又吉 いまさら聞けないネクストブレーク芸人 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
  4. 「マンスリーよしもとPLUS」2011年7月号 より。
  5. パンサー菅、2丁目に目覚める 理想の相手は「手越くんみたいな綺麗系」/芸能/デイリースポーツ online
  6. お笑いハイブリッド Vol.5(メディアボーイ、2011年1月)41ページ より。
  7. 2013.10.17放送のやすだの歩き方
  8. 「飼い猫が自撮りしてた」パンサー菅、さんま御殿で信じがたい話を披露 - お笑いナタリー
  9. お笑いTV LIFE Vol.8(Gakken、2010年6月)56~57ページ より。
  10. パンサー菅、家族を捨てた父とのクリスマスの思い出明かす - シネマトゥデイ