石田明(NON STYLE)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

石田明(いしだあきら 1980年-)は、お笑いコンビ「NON STYLE」のボケ担当。身長173cmで体重49kg。血液型はB型。 吉本興業所属。

略歴

  • 2000年5月14日 - コンビ結成
  • 2000年12月 - baseよしもとのプレステージからガブンチョライブ組に入る
  • 2004年8月29日 - 第2回MBS新世代漫才アワード準優勝
  • 2005年1月10日 - 第26回ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞
  • 2005年8月28日 - 第3回MBS新世代漫才アワード準優勝
  • 2006年4月21日 - 第41回上方漫才大賞優秀新人賞
  • 2006年7月30日 - 第4回MBS新世代漫才アワード優勝
  • 2006年10月21日 - 第21回NHK新人演芸大賞演芸部門大賞
  • 2006年12月16日 - 第35回上方お笑い大賞最優秀新人賞
  • 2007年3月23日 - NHK「爆笑オンエアバトル」9代目チャンピオン
  • 2008年2月13日 - 初の単独DVD「NON STYLEにて」を発売
  • 2008年4月6日 - 『ガンガンライブFINAL』にてbaseよしもとを卒業し東京進出
  • 2008年12月21日 - M-1グランプリ2008優勝
  • 2009年1月14日 - 単独DVD第2弾「NON STYLE LIVE 2008 in 6大都市 〜ダメ男vsダテ男〜」を発売
  • 2009年6月30日 - S-1バトル6月度月間チャンピオン
  • 2009年12月20日 - M-1グランプリ2009で敗者復活から勝ち上がり最終決戦まで進む(結果は3位)
  • 2010年2月24日 - 単独DVD第3弾「NON STYLE LIVE 2009〜M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー〜」を発売
  • 2010年3月19日 - S-1バトル初代グランドチャンピオン
  • 2010年12月23日 - S-1バトルの賞金を元手に、さいたまスーパーアリーナで無料ライブを行う
  • 2011年9月7日 - 単独DVD第4弾(初のトークDVD)「NON STYLE TALK 2011 Vol.1」を発売(追ってVol.2も2012年3月7日に発売)
  • 2012年8月25日 - THE MANZAI 2012の認定漫才師に選抜される
  • 2012年9月26日 - 単独DVD第5弾(初のロケDVD)「NON STYLE 12 前編 〜2012年、結成12年を迎えるNON STYLEがやるべき12のこと〜」を発売(追って後編も2013年3月6日に発売)
  • 2012年12月31日 - カウントダウンライブ「ハッピーアイランドカウントダウン2013×吉本興業創業100周年記念 NON STYLE LIVE〜横浜・八景島シーパラダイスをNON STYLEがジャックする!?〜」を行う

来歴

子ども時代

1980年大阪府大阪市に生まれる。貧しい家庭に育ち、内気な幼少期を過ごす。

高校卒業後、板前になるも、芸人に憧れピン芸人として活動する。 2000年5月に中学からの幼馴染であった井上に誘われ、「NON STYLE」を結成。三宮駅付近で毎日4時間スーツ姿で路上漫才をし続けた。路上ライブでは歌手のコブクロとかぶってしまったこともある。[1]

若手時代

NSCには入学せず、2000年5月に『baseよしもと』のオーディションに受かり吉本興業に所属。 同期と見なされる芸人は、キングコング、ダイアン、ピース、平成ノブシコブシなど。

漫才のレベルが高く、2006年の第4回MBS新世代漫才アワードでの優勝以後、あらゆる賞レースで好成績を納める。

翌年2007年には「爆笑オンエアバトル」第9代チャンピオンとなり、2008年第8回「M-1グランプリ」でオードリーを抑え優勝。 一気に全国的な知名度を得る。

現在

2010年にはS-1バトルで優勝し、賞金1億円を獲得する。その賞金をもとに、ファンへの感謝として埼玉スーパーアリーナにて無料のお笑いライブを開く。

2012年10月に行きつけの居酒屋の店員であった一般女性と結婚。

芸風

スピード感のあるテンポのよい漫才が特徴。ネタは主に石田が考えており、今でも隙間時間にネタを書き溜めている。ネタ帳の総数は数十冊に及ぶという。 本番前の打ち合わせ等は一切なく、井上が舞台の客層や場のテンションを見てアドリブでどのネタを披露するか決める。そのため、井上が喋り始めるまで何のネタをやるのか分からないという。 井上は、前向きで外交的。石田は、気が弱くて内向的。2人の性格は反対で、デコボココンビとも言われるが、相性が良く中が良い理由は似た者同士ではないという点が二人の関係性と芸風を生んでいる。[2]

漫才への思い入れは強く、「50歳、60歳まで漫才したい」と語っている。[3] コンビの関係性については「井上がNON STYLEの社長で、石田が従業員(下請け)である」と述べている。

エピソード

  • 中学時代、出席番号1番が石田で、出席番号2番が井上だった。しかし中学時代はほとんど喋ったことがなかったという。また、当時は石田の方が身長が低かった。
  • 20代にうつ病にかかったことがある。ブラマヨの吉田など多くの芸人の支えがあり回復に至った。
  • デビュー1年後に、父親の抱えた莫大な借金を知らされた。[4]
  • うつ病にかかっていた時のことを石田は、漫才は好きだが、テレビのトークコーナーが苦手で「コーナーで全然しゃべられへん。何で向いてへんのにこんな仕事してるんやろ。何でこんな明るく振る舞わなアカンのやろ」とストレスが蓄積し、「完全にうつでした」と当時の思いについて明かした。[4]
  • うつ病の時には「(精神)安定剤、抗うつ剤、睡眠薬」と様々な薬を飲んでいたという。また、この辺りから、相方井上も石田の異変に気付き出していたという。[4]
  • 日本テレビ系「PON!」に出演し、石田は過去に7回の骨折歴があることを告白した。[5]
  • けん玉が得意。
  • バラエティ番組「タカアンドトシの道路バラエティ!?バスドラ」(テレビ朝日系)で、今後のコンビの方向性に関して、舞台や営業に力を入れたい石田と、テレビ出演を積極的に行っていきたい井上とで意見は真っ向対立し、コンビでマジ喧嘩をする中、カンニング竹山が仲裁したことがある。[6]
  • 石田は、2012年、当時20歳だった一般人と結婚し、同年10月にハワイにて結婚式を挙げている。その招待客には相方井上の名前もあったが、井上は「第2回ベストフンドシストアワード」の授与式に出席するためまさかの欠席。石田は「相方より、ふんどしを優先しました」と嘆いている。[7]
  • 骨折した際の手術痕を隠す為、右腕に黒いサポーターをしていたらタトゥーを隠しているとネット上で話題になったことがある。[8]

極貧時代

  • 遠足のお弁当は食パン二枚であった。
  • 当時リコーダーが買えず、ゴミ山から捨てられたものから集め使っていた。そのためリコーダーの色が合わず「三色リコーダー」というあだ名がつけられた。
  • 母からは「あんま勉強すんな、鉛筆減るから」と怒られたことがある。
  • 石田家の家訓の一つは、「電車で3駅は、走れ」。
  • 母が内職をしており、子どもにはプラモデルと言い聞かせ手伝わせていた。

貧乏だったものの、兄弟四人とも仲が良くあまり辛い思い出というわけではない。

受賞歴

コンビ

  • 「オートバックスM-1グランプリ2008」(第8回)優勝
  • 「爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」(第9回(2007))優勝
  • 「MBS新世代漫才アワード」(第4回(2006))優勝
  • 「上方漫才大賞」(第41回(2006))優秀新人賞
  • 「NHK新人演芸大賞」(2006)演芸部門 大賞
  • 「上方お笑い大賞」(第25回(2005))最優秀新人賞
  • 「上方お笑い大賞」(第26回(2006))審査員特別賞
  • 「S-1バトル2009」2009年6月月間チャンピオン
  • 「Cook Do-1」(第1回(2010))優勝


ピン

  • 「よしもと男前ランキング」(第10回(2009))第3位
  • 「よしもと男前ランキング」(第11回(2010))第5位


主な出演作

コンビ

書籍

  • 「B面03」ぴあ
  • 「OTOKOMAE PHOTO BOOK」ワニブックス
  • 「HON STYLE~こんな感じで、本出しちゃっていいんですか!?~」ワニブックス
  • 「男前天下統一写真集 TRIP」ワニブックス
  • 「メッチャ好きやねん!!大阪LOVER'S」ワニブックス
  • 「藤井隆&椿鬼奴 圧力鍋 Fever Menu 60」」ワニブックス


音楽

  • 「ニコニコチャンプ」よしもとアール・アンド・シー
  • 「HOME TOWN 大阪編」よしもとアール・アンド・シー(ザ!!トラベラーズとして)
  • 「世直しjourney」よしもとアール・アンド・シー(ザ!!トラベラーズplusとして)


DVD

  • 「新風baseよしもと ネタトウタ2004」よしもとアール・アンド・シー
  • 「baseよしもと ネタトウタ2007」よしもとアール・アンド・シー
  • 「The Best of ヨシモト∞ Vol.1/Vol.2」よしもとアール・アンド・シー
  • 「NON STYLEにて」よしもとアール・アンド・シー
  • 「少年タカトシ」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 07」よしもとアール・アンド・シー
  • 「爆笑オンエアバトル NON STYLE」よしもとアール・アンド・シー
  • 「NON STYLE LIVE 2008 in 6大都市~ダメ男vsダテ男~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08 OSAKA」よしもとアール・アンド・シー
  • 「NON STYLE LIVE 2009 M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 09~男前祭り~よしもと男前芸人 オモテ・ウラ全部見せます」よしもとアール・アンド・シー
  • 「プレミアステージ2009」よしもとアール・アンド・シー
  • 「LIVE STAND 2010 OSAKA会場限定DVD~「大阪LOVER'S」メイキングドキュメント~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「爆笑レッドカーペット~克実より愛をこめて~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「1週間にけつッ!!」よしもとアール・アンド・シー


舞台

  • 「犯人と人質」/主演
  • 「“新春初笑い!笑って笑って60分”の裏で…」/ゲスト出演
  • 「落花生たち」
  • 「劇場版 やりすぎ芸人都市伝説」/座長


ピン

映画

  • 「目に見えない引力」吉本興業
  • 「兄の手紙」吉本興業/監督・脚本・主演
  • 「電車」吉本興業/監督


DVD

  • 「ジュニア千原と大輔宮川のすべらない話」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO presents LIVE STAND 2010 男前祭り~肉食系DISC~」よしもとアール・アンド・シー


舞台

  • 「恋愛戯曲」
  • 「NON STYLE石田 presents Barアンラッキーの嘆き」/脚本・演出・主演
  • 「ブラストが笑う夜」/脚本


脚注

出典

  1. M-1王者・NONSTYLEの“アマチュア時代”知る関係者が明かす秘話 | ORICON STYLE
  2. NON STYLEの漫才ネタ以外のエピソードまとめ|LAUGHY[ラフィ]
  3. 第一回お笑い人気投票第1位 NON STYLEインタビュー : TVステーション 2016年8月20日閲覧
  4. 4.0 4.1 4.2 NON STYLEの石田明がうつ病に悩んでいた過去を告白!【現在は克服・ノンスタ】| LAUGHY[ラフィ]
  5. 骨弱すぎ!NON STYLE・石田明の骨折エピソードが凄かった…。| NAVERまとめ公式ブログ
  6. http://news.livedoor.com/article/detail/10103135/ NON STYLEの止まらぬ喧嘩にカンニング竹山が助言 一同から拍手|livedoorNEWS
  7. ノンスタイル石田の嫁とは?婚式に相方・井上が出なかった理由!|斜め上からこんにちは
  8. ノンスタイル石田タトゥー疑惑否定 (2016/10/15 閲覧)