武智正剛(スーパーマラドーナ)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

武智 正剛(たけち せいごう、1978年8月3日 - )は、日本のお笑い芸人お笑いコンビスーパーマラドーナのツッコミ担当。吉本興業所属。大阪NSC22期生。身長180cm、体重70kg。血液型B型。

来歴

デビュー前

愛媛県松山市に生まれる。 ソラシドの本坊元児とは、中学校の同級生。NSCでは本坊が先輩のため、「本坊さん」と呼んでいる[1]

コンビ結成(2003年-)

NSC相方田中一彦と出会う。田中のボケのうまさに惚れ込み[2]、2003年12月「マラドーナ」結成。 結成当初はコンパに誘うくらい仲が良かったという[2]。 同期の芸人はキングコング、山里亮太(南海キャンディーズ)、ダイアン、NON STYLEなど。

しかし、2007年に武智のスパルタに耐え切れず、田中が突如失踪し、一時解散。[3]

その後、武智はトリオで活躍していた元西海岸’sのぶ~やんとコンビを組み、「ロシアンルーレット」として舞台を中心に活動を続けていた。だがしばらくして解散。 マラドーナ解散4ヶ月の中で、「田中の良さをだせてなかった」「あいつしかいない」と気づく[4]。武智から「もう1回コンビ組まへんか?」と田中に電話をかけ[5]、2008年4月に「スーパーマラドーナ」として再結成を果たした。

現在(2008年-)

2008年に結婚し、娘がいる[6]

THE MANZAI 2011において認定漫才師50組の1組に選ばれる。1点差で決勝進出を逃すも、ワイルドカード決定戦にまで駒を進めた。 翌年のTHE MANZAI 2012にも出場。昨年に続き認定漫才師に選ばれる。本戦サーキットの結果8位となり決勝進出。 M-1グランプリ2015で、結成12年目にして決勝進出を果たした。

2016年1月24日(日)、ルミネtheよしもとにて『スーパーマラドーナ単独ライブ「スーパー・ルミネ・マラドーナ」』が開催。[3]

M-1グランプリ2016決勝進出。惜しくも敗れたものの、「和牛を挽き肉にして優勝します」と来年度の優勝への気持ちを語った[7]

NON STYLEの井上が2016年12月に東京都内で当て逃げ事故を起こした際、助手席で同乗していたと報じられた[8]

芸風

漫才

キャッチフレーズは神業ストライカー。

  • ネタ作りは、主に武智。
  • 現在と昔とでは、ネタのスタイルがだいぶ変化している。デビュー当初は尖っていたため、ネタの時と素の人格が違いすぎるようなネタが多かった。しかし、年を重ねていくうちに、田中の自然体のキャラや武智のヤンキーキャラなど人柄をそのまま反映させたネタに変化していった。
  • 自身の今後について、武智は「死んだ後に名前が残るような漫才師になりたい」と語っている。[3]

「ひき肉にしてやんよぉ」

武智は気に食わないことを言われると、30秒ぐらいかけて左右をゆっくり見て「ひき肉にしてやんよぉ」と言い返す[9]。なおこのセリフは、暴走族漫画「疾風伝説 特攻の拓」がネタ元とみられる。

武智軍団

baseよしもとの元ヤンキーの芸人を集めて結成した軍団。正式名称は米餌須夜死魍斗愚連隊(活動拠点であるbaseよしもとから)。メンバーは武智と同じ吉本興業所属の天竺鼠の川原克己と瀬下豊、かまいたちの濱家隆一、暁の小林岳史、金時の三輪善行など。

エピソード

人物エピソード

  • 父親は元プロボクサーであり、夫婦げんかで手を出すこともあった。だが、母親も元少林寺拳法の有段者だったため、父親の右ストレートをかわし、見たことのない正拳突きをアゴにかますなど、負けていなかったという。[10]
  • 同期であるウーマンラッシュアワーの村本大輔とは仲が悪く、『炎上base』(関西テレビ)の企画で口喧嘩勝負をしたことがあった。(その時は、武智が勝利している。)
  • ウーマンラッシュアワーの村本によると、武智が劇場のカーテンからお客さんのパンツを覗いていたことがあるという。
  • パンクブーブーの佐藤哲夫と祇園笑者で共演した際、「牙を外に向けてはイケナイ」とアドバイスされた。[2]
  • ヤンキーキャラであるが[11]、彼女と初めてUSJに行った頃の写真を飾って大切にしていたり、ミッキーのパジャマを着ていたりする[1]
  • 趣味はテレビゲーム、指ずもう。

ヘタレエピソード

  • ヤンキーキャラではあるものの、実はお化けと高所が苦手な一面があり、『ごきげん!ブランニュ』(朝日放送)では、地上338メートルの高さのマカオタワーに挑戦するなど[12]、悲惨な目に遭っている[13]
  • 同じく『ごきげん!ブランニュ』にてお化け屋敷ドッキリの企画では恐怖のあまり、武智は失禁してしまった。武智は「何年もかけて悪キャラやってきたのに商売あがったりですよ!」などと話した[14]
  • 武智・村越周司・プラスマイナス岩橋の3人で『ごきげん!ブランニュ』にて「24時間耐久ドミノ」に挑戦した。失敗に終わるものの、スタジオは爆笑の嵐となり、のちに「24時間以内にサイコロ」の企画も放送された[15]


コンビエピソード

  • 武智から再結成しようと電話で誘った際、田中は「ちょっと1ヶ月くらい考えさせてもらえませんか?」と答えた。だが武智に「どんだけ考えんねん!もうえええから今すぐ組めや!しばくゾ!」と言われ、思わず田中は「はい」と答えてしまった。[16]
  • 失踪事件後、周囲からは厳しい声が多かったが、唯一、宮川大助・花子の花子師匠だけは熱心に励ましてくれた。花子師匠の温かさに感動していた一方で、相方の大助師匠は田中に「宇宙人はホンマにおんねん」と語っていた。[10]
  • コンビ再結成の際、武智は"絶対怒らないから"と約束し復活したが、2日後に怒った[2]
  • ウーマンラッシュアワーの村本によると、相方武智が厳しかったbaseよしもと時代に、田中が顔をパンパンに腫らして劇場に来た。皆がどうしたと心配すると、田中は「単独ライブ近いねん…」とだけ呟いた。

受賞歴

  • M-1グランプリ2004~2006、2008、2009 準決勝進出
  • M-1グランプリ2010 準々決勝進出(予選順位34位)
  • 第8回笑わん会 最優秀賞
  • 第39回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
  • 第8回MBS新世代漫才アワード 準優勝
  • 第41回NHK上方漫才コンテスト 優勝
  • 第9回MBS新世代漫才アワード 優勝
  • THE MANZAI 2011 予選16位(ワイルドカード決定戦進出)
  • THE MANZAI 2012 予選8位で決勝進出
  • M-1グランプリ2015 決勝大会進出 5位
  • M-1グランプリ2016 決勝大会進出

出演番組

テレビ

  • 鉄筋base(関西テレビ、? - 2009年3月24日)
  • 炎上base(関西テレビ、2009年4月10日 - 2010年3月19日)
  • あしたモテ期にな〜れ! てるてるモテるちゃん(読売テレビ、2012年1月7日 - 2012年3月10日)
  • もってる!? モテるくん(読売テレビ、2012年3月17日 - 2013年2月23日)
  • わっしょい!5up(朝日放送、2012年 - ?)
  • ごきげん!ブランニュ(朝日放送、? - 2016年3月)ごきブラ研究生

ラジオ

  • 笑い飯のトランジスタラジオくん(TBSラジオ)
  • オンスト(YES-fm)レギュラー、2010年5月 - 2011年5月(金曜日)、2011年6月 - 2012年3月(月曜日)
  • 5upよしもと ガチモリ(ラジオ大阪)レギュラー、2012年4月 - 2013年3月(火曜日)

脚注

出典

  1. 1.0 1.1 お笑いTV LIFE(Gakken)Vol.7(2010年2月)p.40
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 祇園笑者2014年4月19日
  3. 3.0 3.1 3.2 スーパーマラドーナ インタビュー「僕、日本で最初の現代っ子って呼んでるんですけど」 | OWARAI FAVCLIP|お笑いファブクリップ - お笑いニュースを毎日配信!
  4. 「THE MANZAI2012」2012年12月16日放送
  5. KSRFC WEBLOG STYLE: ナイス中山目線!2009年に売れる芸人はこの人しかナ~イス!
  6. [“「パパ芸人通信簿」小出水、武智らが子供と初めての挑戦”お笑いナタリー (2013年5月31日). 2016年11月22日閲覧
  7. スーパーマラドーナ、早くも来年M―1優勝宣言「和牛を挽き肉に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
  8. 【ノンスタ井上当て逃げ】助手席に同乗のスーパーマラドーナ・武智、反省の言葉「申し訳ない」 - 産経ニュース
  9. “スーパーマラドーナ、ノンスタ石田の助言で武智が田中を愛でるコンビ芸完成”お笑いナタリー (2016年1月25日). 2016年11月22日閲覧
  10. 10.0 10.1 - エキサイトニュース
  11. “スーマラ・武智、NON STYLE・石田からまさかのコンビ芸を伝授される!? スーパーマラドーナ単独ライブ「スーパー・ルミネ・マラドーナ」レポート”. よしもとニュースセンター. よしもとクリエイティブエージェンシー2016年2月12日). 2016年11月22日閲覧
  12. ごきげん!ブランニュ 2013年11月11日放送回
  13. “ごきげん!ブランニュ 2013年5月6日放送回”. gooテレビ(2013年5月6日). 2016年11月22日閲覧
  14. ごきげん!ブランニュ (2013年7月29日放送回)
  15. ごきげん!ブランニュ (2012年7月9日放送回) の番組概要ページ - gooテレビ番組(関西版)]
  16. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「ko」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません