有田哲平(くりぃむしちゅー)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

有田 哲平(ありた てっぺい、1971年2月3日 - )は、お笑いコンビくりぃむしちゅーのボケ担当。ナチュラルエイトに所属しており、相方上田晋也。愛称はアリペイ。コンビ名の由来は有田の好物クリームシチューから。旧コンビ名は「海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)」。

来歴

熊本県熊本市東区出身。実家は広告代理店を経営しており、幼少期は裕福であった。済々黌高等学校に進学し、のちに相方となる上田晋也と出会い、共にラグビー部で親交を深める。 高校卒業後、一浪し立教大学法学部に入学。弁護士を目指すが、上田にお笑いの道に誘われ、1991年にコンビ「海砂利水魚」を結成。コント山口君と竹田君の付き人となる。

ボキャブラ天国』(フジテレビ系)に出演をきっかけに、爆笑問題、ネプチューンら多くの芸人と共に人気を博す。

2001年9月に、『新・ウンナンの気分は上々。』の企画で『くりぃむしちゅー』に改名。

2004年には冠番組『くりぃむナントカ』をスタートさせるなど、多数のレギュラー番組を抱える売れっ子となる。

2009年に所属事務所を『プライム』から『ナチュラルエイト』へ移籍。

芸風

 くりぃむしちゅー

有田の繰り出すボケは少し漠然としていて、それだけではわかりづらい場合が多い。有田のそんなボケに対し、上田が”例えツッコミ”など言葉多めに説明的につっこむ。いわば、有田の「やや足りないボケ」に、上田の「やや過剰なツッコミ」がかぶさってくることで大きな笑いが起きる[1]

  • デビュー当初は、ボケツッコミの担当が逆であり、初舞台ではウケたがそれ以降はダダ滑っていたらしい。元々、上田は、思わず「なるほど」と言いたくなる豆知識を得意とし、有田はじわじわとした笑いを得意としていた。そのため、2人が演じる漫才では、ボケとツッコミで二重に笑えるような構造になっている。[2]
  • 上田はもちまえのインテリジェンスを発揮して、司会業を中心にどんどん仕事を増やしていった。一方、有田はなかなか頭角を現せずにいた。しかし、時間とともに、じわじわと来る笑いをそっと仕込んでいくような有田独特の芸風が世間に理解されるようになった。[2]

 有田哲平

有田哲平は、自分の一言だけを決定打にして見る人を笑わせるというよりも、次々に笑いの起こる状況を作り出す。そこに周りを巻き込んで、いわば、連鎖的笑いをとることを得意とする。[2]

  • 有田は、ボケ役ではあるが、自分から積極的に前に出て、がんがんボケるようなタイプではない。どちらかというと、自分が一歩引いた立場で、他の人の面白さを引き出すのを得意としている。[2]
  • 有田は、他人をいじったり泳がせたりして、自分がそれを笑う側に回ることが多い。そのため、有田の芸風はつかみどころがなく、ややわかりづらい部分がある。[2]
  • ダウンタウン松本の影響もあり若手時代はクールキャラを気取ってた。
  • オタクっぽいっところがあると自負している。プロレスの大ファンであり、アントニオ猪木を始め多くのプロレスラーのモノマネができる。

エピソード

  • 芸人になることを親には反対されていたが、意を決して伝えたところ、実家の家業が倒産していた。そのため学費を払わないで済むということで逆に感謝され、50万のお小遣いをもらったという。[3]
  • アンタッチャブルの山崎とはプライベートで非常に仲が良い。
  • ラグビー部ではずっと補欠であったが、高校3年のときに上田の口利きで初めて試合に出場。しかし、はりきりすぎてコーナーフラッグにつまづき右腕を骨折した
  • お笑いを始めた途端に身内に不幸が続いた。父親が他界し、祖父祖母が相次いで他界。弟は謝金地獄に陥り、大学教授の叔父がセクハラで逮捕。
  • 二人の冠ラジオ番組である『くりぃむしちゅー のオールナイトニッポン』はファンのみならず非常に人気が高い。
  • 2001年6月、相方と共に出演していた瀬戸内海放送(KSB)の人気深夜番組『ばちこい!』の企画で、「Bachicco!(ばちっ娘!)」というローカルアイドルをプロデュースし、見事デビューさせた。なお、デビュー曲「ばっちり恋しよう!」には有田のラップパートが収録されている。
  • 「H/K(話変わるけど)」という若者言葉を作った。『銭形金太郎』の深夜放送時代にVTRの前フリで好んで使用していた。
  • かつては愛煙家であり、若手時代より相方上田から「そろそろ禁煙しろ」と度々注意されていたが、TBSテレビの廊下で和田アキ子とすれ違って挨拶をした際に、和田アキ子から「絶対、タバコはやめたほうがいいぞ」と言われ改心し、禁煙に成功した。
  • アンタッチャブルの山崎と少女時代のコンサートを観に行った。少女時代のメンバーにもその事を知っている。
  • お笑い芸人として生計を立てられるようになるまではキャバクラウェイター、ガードマン、さくら等のアルバイトをしていたことがある。

相方上田

  • 高校入学式では番長になろうと裏拳で適当に隣にいたやつをぶん殴った。その殴った相手が上田であり、これが二人の初めての出会いであった。ちなみに上田は本物の喧嘩番長であったため、3分後にはジュースを買いにいかされていたという。
  • 大学時代に別の大学に進学した上田から1年ぶりに連絡が来た。特に理由も告げられずに会いに行くと、そのまま芸能事務所の面接に連れて行かれた。
  • 相方に勝手に退学届を提出されていた。
  • お笑い芸人になろうと上田と共に芸能プロダクションの面接を受けた若き日の有田が、担当の面接官に「将来の夢は何かある?」と質問された際、うっかりマジ間違いで「立派な弁護士になりたいです。」と言ってしまい、驚いた上田が思わず「違うだろっ!」とマジツッコミを入れたそうだが、この一連のやりとりを面接官がネタと勘違いしたために、見事面接に合格した。
  • 有田が生放送とかで緊張してあがってしまってるのを見て上田は「人間というのは本当の自分より良いものを見せようとするから緊張するものなんだよ。お前は充分面白いんだから、いつもの様にやれば良いんだ。」と言った。[4]
  • 上田の結婚式の日、多めに御祝儀を包んだ有田に「相方なのにこんなにいらない。」「気持ちだから受け取れ」の押し問答を繰り返すも有田が欲しがっていた寝室用のテレビを上田が御礼に買うことで決着がついた。後日、到着したテレビがえらくでかかったので、その場で有田が上田に御礼の電話をした。[4]
  • ナインティナインのANNにゲスト出演したくりぃむしちゅー。「何か告知する事はありませんか?」と話を振られ、二人はアンタッチャブルのライブの告知をした。何で後輩の宣伝するんだ、とナインティナインの岡村が尋ねると「チケットが余ってるみたいで、絶対面白いから見て損はしない」と言っていた。[4]
  • 新コンビ名の由来にもなったクリームシチューが大好物だと公言していたが、『いきなり!黄金伝説。』の企画「クリームシチューだけで1週間過ごすコンビ」に挑戦した際にかなりの野菜嫌いだった事が判明し、クリームシチューのほとんどを相方の上田に食べさせていた。上田曰く、「有田が好きなのは、クリームスープ」。

出演

現在の出演番組

  • 全力!脱力タイムズ (2015年4月-、フジテレビ)
  • 愛され女と独身有田〜運命を変える婚活TV〜(2015年10月- 、日本テレビ)
  • ご対面バラエティー 7時にあいましょう(2016年4月-、TBS)
  • 有田ジェネレーション(2016年5月 - 、TBS)

過去の出演番組

  • 生でGONG! X2(FIGHTING TV サムライ)
  • 内村プロデュース(テレビ朝日)常連出演
  • ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ)「かぶっちゃや~YO!」のコーナーレギュラー
  • ロンドンハーツ(テレビ朝日、2002年-2003年)
  • 目からウロコ!21(2003年-2004年、ニッポン放送)
  • 進研ゼミ高校講座Presents 目からウロコ!24(2004年-2005年)
  • 恋するハニカミ!(TBS)(2004年6月9日)深田恭子とデート(2008年5月9日・16日)黒谷友香とデート
  • ぶっちゃけ!99(2004年-2005年、TBS)
  • 雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!(テレビ朝日)不定期出演
  • とんねるずのみなさんのおかげでした(2004年-2012年、フジテレビ)「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」のモノマネロボ1号・有田くん(コーナーレギュラー)
  • テキトーTV(2005年-2007年、テレビ朝日)不定期放送
  • 人志松本のすべらない話 第4弾・第13弾・ザ・ゴールデンSP3(フジテレビ)
  • 怒りオヤジ3(テレビ東京)- (2005年12月29日、2006年12月28日、2008年1月10日)
  • シュガーヒルストリート(2006年-2007年、日本テレビ)
  • 模範解答男(2006年12月27日、フジテレビ)単発特番
  • むちゃぶり!(2007年-2009年、TBS)
  • 有田&山崎のひきだし太郎(2008年-2011年、テレビ東京)不定期放送
  • アリケン(2008年4月-2010年9月、テレビ東京)
  • クイズ・タイムリミット(2008年5月31日、TBS)単発特番
  • ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円(TBS系、2008年9月、2009年4月、2010年1月)
  • ホリペイ(2009年、BSジャパン)
  • オレたち!クイズMAN(2009年10月-2010年7月、TBS)
  • アンタッチャブルのシカゴマンゴ 複数回出演
  • ガッテンお盆臨時営業中「マニアに学ぶ ビールをおいしく飲む法」(2010年8月12日、NHK総合)
  • アリなし〜アリケン★ゴールデンスタジアム〜(2010年10月-2011年9月、テレビ東京)
  • 有田とマツコと男と女(2010年10月-2011年9月、2012年4月-2013年3月 TBS)レギュラー出演
  • 人生が変わる1分間の深イイ話(日本テレビ、2011年9月19日、2012年1月30日にスペシャルコメンテーター枠で出演 )
  • 私の何がイケないの? (2011年10月-2016年3月、TBS)
  • アーリーチャップリン(2012年7月3日、TBS)単発特番
  • ノープ・ランナー。(2012年10月11日、TBS)単発特番 ( アーリーチャップリンを改題した特番第2弾)
  • 有田とヤラシイ人々 (2013年4月-2013年9月、TBS)
  • 有田哲平のちょっといいですか?で始まる番組(2013年6月8日、日本テレビ)サタデーバリューフィーバーの単発特番
  • 有田のヤラシイハナシ (2013年10月- 2014年3月、TBS)
  • ブッキングGP (2014年4月11日、2014年6月25日、フジテレビ)初回はフジバラナイトの特番、第2回はプライムタイムの特番として放送)
  • 有田のヤラシイ… (2014年5月-2015年3月、TBS)
  • アリさん (2014年8月12日、フジテレビ)単発特番
  • 全力!脱力ニュース (2014年12月30日、フジテレビ)単発特番
  • オスカフェ (2015年1月1日、フジテレビ)単発特番
  • 有田チルドレン (2015年4月-2015年9月、TBS)
  • アリよりのアリ〜理想の男女をビジュアル化〜 (2015年10月-2016年3月、2016年6月7日 TBS)[53]
  • 有田哲平の世界一オモシロい番組(2015年12月24日、2016年4月6日、日本テレビ)ネクストブレイクの特番

 テレビドラマ

  • スタイル!(2000年、テレビ朝日) - 牛膝ジュン 役[54]
  • 学校の怪談 春の物の怪スペシャル 第3話「俺たちの文化祭」(2001年3月27日、関西テレビ)
  • 春ランマン(2002年、関西テレビ) - 不動産屋 役
  • 零のかなたへ〜THE WINDS OF GOD〜(2005年、テレビ朝日)
  • 和田アキ子殺人事件(2007年2月12日、TBS) - 三上慶介 役
  • パパドル! 第3話(2012年5月10日、TBS) - 本人 役

 映画

  • ピーナッツ(2006年、コムストック) - アゴ男爵 役
  • 宇宙で1番ワガママな星(2010年)
  • TSY タイムスリップヤンキー(2012年) - 友情出演
  • SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者(2012年) - 友情出演

 テレビアニメ

  • 名探偵コナン(有田学級委員長)

 劇場版アニメ

  • ドラえもん のび太と緑の巨人伝(2008年、東宝) - パルナ 役
  • インターネット[ソースを編集]
  • なんでもアリタっ!(2009年、goomo)
  • 帰ってきたベタドラマ(2009年、BeeTV) くりぃむしちゅーのたりらリラ〜ンで誕生した企画を復活させた番組

 CM

  • 富士フイルム 写ルンです(1997年)海砂利水魚時代
  • キリンビバレッジ キリンファイア(2012年)

 PV

  • ZEEBRA「Stop Playin' A Wall」(2006年12月6日、UBG Records)
  • 餓鬼レンジャー「CALL 〜Skit〜」アルバム『ラッキー・ボーイズ』収録(2004年7月21日、ビクターエンタテインメント)高田延彦のものまねで参加。

 雑誌

  • 俺はお前のかませ犬だ!(2010年3月-2011年5月、週刊プレイボーイ)

作品

DVD

  • 特典映像(2008年、ビクターエンタテインメント)監督
  • シルバーフィクション 第1集(2011年、ポニーキャニオン)

書籍

  • プロレスラー 伝説のビッグマウス!(2010年7月、河出書房新社)責任編集

脚注

出典

  1. くりぃむ有田の“ミッドフィルダー芸”とは? - ライブドアニュース
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 ラリー遠田(2009)『THE 芸人学-スゴい!お笑い 戦国時代をサバイバルする30人の成功法則』東京書籍
  3. 『いろもん』海砂利水魚
  4. 4.0 4.1 4.2 http://matome.naver.jp/odai/2141949795783042901 カッコよすぎるくりぃむしちゅーの心温まるいい人伝説-NAVERまとめ

参考