斉藤慎二(ジャングルポケット)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

斉藤慎二(1982年 10月 26日-)は、お笑いコンビ『ジャングルポケット』のボケ担当。身長176cm、体重73kg、血液型がO型である。

来歴

子ども時代

幼稚園から高校まで野球一筋であり、高校1年時に当時最上級生だった多田野数人(元北海道日本ハムファイターズ)らの活躍により第80回全国高等学校野球選手権大会に出場するも、初戦で上重聡(現日本テレビアナウンサー)が登板したPL学園に敗れる(本人の出場はなし)。

八千代松陰高校、 桐朋学園芸術短期大学芸術科演劇専攻卒業。文学座附属演劇研究所本科昼間部卒業(43期)。

俳優を目指していたが、座員として残るための査定に落ちてしまい、俳優の道を諦める。

その後地元に帰り、営業担当でサラリーマンをしていた。その際、見た目から30歳として仕事をするようにと会社に言われていた。

しばらくして、芸能関係のキャリアがある上司に「あんた仕事楽しくないでしょ。俳優なりたいんでしょ。よしもと行きなさいよ。お笑い芸人で俳優やってる人いるでしょ」と言われ、次の日に退職願とNSCの願書を出したという[1]

NSC時代

トリオは全員NSC東京12期生であるが、斉藤は真面目で同期の中で一番成績がいい優等生であった。 斎藤本人は「とにかく真面目にやれば面白くなると思っていたので、真摯に授業に取り組んでました」と語っている。

なお、太田曰く斎藤は「ミスターNSC」「クソダサい真面目な面白い奴」[2]

NSCの同期である渡辺直美とのコンビ、渡辺直美と斉藤さんとして『彼氏にピンクローターを仕込まれたファミレス店員』『AV女優のインタビュー』という持ちネタがある。

ジャングルポケット結成(2006年-)

三人はNSC時代にいわゆる落ちこぼれのクラスにおり、その中で少々目立っていた存在だったという。NSC卒業前の飲み会の席で(当時互いにコンビが解散したばかりの)おたけと太田でコンビ結成の話をしている際に、当時既に実力を発揮していた斉藤が入ってきて「お笑いのデカい山を動かしますか」と言ったことがキッカケでトリオを結成。太田は最初、斉藤と組むのは迷ったと言い、斉藤は太田の声の大きさに惹かれたという。

先輩である畑中しんじろう率いる、畑中アイドル軍団・KABUTOの一員。2009年7月に加入した、トレンディエンジェル斉藤との区別化のため、KABUTO内では「CHS」と名乗る。CHSとは、ちょっとハゲてる斉藤さんの意。

2009年、吉本若手芸人で構成されたユニット『東京ワン・ダース』のメンバーとなる。そのほかメンバーは、チョコレートプラネット・井下好井・タモンズ・渡辺直美・メメ。

ブレイク(2010年代-)

「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)、「爆笑オンエアバトル」(NHK)、「エンタの神様」(日本テレビ系)などに出演し、主にコントで人気を集める[3]

キングオブコント2009で初の準決勝進出。以降、2014まで6年連続で準決勝進出。2015で念願の決勝進出を果たし、4位に終わる。2016では1stステージで1位タイで折り返すが、Finalステージでライスに僅差で競り負け、無念の2位に終わる。

M-1グランプリ2009で初の準決勝進出。2010準々決勝進出。

2009年と2010年、2年連続で東日本学園祭キングに輝いた。

キングオブコント2009で初の準決勝進出。以降、2014まで6年連続で準決勝進出。2015で念願の決勝進出を果たし、4位に終わる。2016では1stステージで1位タイで折り返すが、Finalステージでライスに僅差で競り負け、無念の2位に終わる。

THE MANZAI2012で初の認定漫才師。2014認定漫才師。

ロンドンハーツのネット配信ドッキリのターゲットになり、その動画は累計3500万回(平均233万回)という再生数を樹立した。

競馬が好きが高じ、2013年4月より「ウイニング競馬」(テレビ東京系列)のメインMCに抜擢される。

芸風

コント

ドラマのような熱血コントが魅力。居酒屋やコンビニエンスストアなど店の設定が多く、斉藤がちょっとしたこと(1円玉を拾った、バーゲンセールの広告が来た、トイレを貸してほしいなど)を大げさに頼み、太田も徐々に同じノリで大げさに答え、おたけがツッコむパターンがある。

  • 時々普通のネタをやることもある。そのコントでは斉藤と太田はドラマチックな芝居はしていない。
  • 3人揃って「ハーッ」と叫ぶと同時に手をパーにして胸の前でクロスさせ、手の甲を見せる決めポーズがある。その際、おたけと太田が左右に分かれ、中央に斉藤が立つ。
  • シチサンライブで「劇団ジャングルポケット」というユニットコントを披露している。
  • コント中では斉藤はプリズン・ブレイクなどの海外ドラマに感化されたことを自白し、太田はおたけに「ドラマ(映画)の見過ぎだよ」と突っ込みの一部に理由が入る。

漫才

AGE AGE LIVEなどでは漫才を行うこともある。立ち位置は、向かって左から斉藤、おたけ、太田。その場合に斉藤がツッコミを担当するものもある。

  • M-1グランプリ2009では上記の斉藤がツッコミを担当する漫才で準決勝まで進出している。
  • ただしシチサンライブなどでMCを務めるときなどは、向かって右が斉藤、中央が太田、左がおたけとなる。最近ではこの立ち位置で漫才をする方が多い。
  • 漫才のときには、3人で揃いの衣装を着る。黒いシャツにグレー地のスーツという出で立ちが多い。また、おたけがボケとなり斉藤がツッコミを行う。

ピン

ジャングルポケットの看板的存在。ピンでのバラエティ出演も多い。

海苔を貼り付けたような奇妙な髪型、濃くて太い八の字眉、やたら“圧”を感じる目ヂカラ、芝居がかったウザいトークなど、クドすぎる顔と大げさな芸風は、ルー大柴以来の逸材との声もある[4]

エピソード

  • LIVE STAND 08のネタ中に額を4針縫う怪我を負う、TV収録中、太田の肘鉄をまともに喰らい、鼻を骨折したなど怪我が多い。

コンビエピソード

  • トリオ名は競走馬のジャングルポケットから来ている。斉藤が競馬好きだったのもあるが、決めたのはおたけ。「競馬の馬の名前って、好きじゃない人も何か聞いたことがある耳に残る名前が多いと思った」といい、「あと、略したときに格好いい。『ジャンポケ』って略してもらいたかった」とこだわりを語っている[3]
  • 解散の危機は3度。おたけが大遅刻することが多く、学祭で武山が来なかったこともある。なお、解散の危機が来ると、『レッドカーペット』などテレビの仕事が決まるというジンクスがあったという[3]

受賞歴

  • 2013年 第34回ABCお笑いグランプリ 8位
  • 2015年 キングオブコント 4位
  • 2016年 キングオブコント 2位

出演

ジャングルポケット

DVD

  • 「ルミネtheよしもと~業界イチの青田買い2008夏~」

舞台

  • ヨシモト∞ホール「AGE AGE LIVE」不定期出演中
  • 神保町花月公演「ソビエト」
  • 「8848」
  • 「難民先生」
  • 「ダブルブッキング」
  • 「生きるきっかけ」

斎藤慎二

映画

  • YOSHIMOTO DIRECTOR'S100「サインプリーズ!」(斉藤のみ)

DVD

  • 「ルミネtheよしもと~業界イチの青田買い2009冬~」(斉藤のみ・斉藤さんと渡辺直美として)

出典

  1. ジャングルポケットインタビュー よしもとNSC&YCC第2弾 (3/5) - お笑いナタリー Power Push
  2. ジャングルポケットインタビュー よしもとNSC&YCC第2弾 (3/5) - お笑いナタリー Power Push
  3. 3.0 3.1 3.2 ジャングルポケット:東京吉本の若手看板スター  いまさら聞けないネクストブレーク芸人 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
  4. ルー大柴以来の逸材? ウザさが際立つジャンポケ・斉藤慎二 | ORICON STYLE