徳井健太(平成ノブシコブシ)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

徳井健太(とくい けんた、1980年9月16日 - )は、日本のお笑いコンビ『平成ノブシコブシ』のメンバーである。身長175cm。 体重 75kg。A型。千葉県出身。

来歴

子ども時代

もともと料理人になろうと思っていたが、高校の時のクラスメートに「徳井君は料理人より芸人になったほうがいいよ」と言われ、それを真に受けて芸人を目指すことになった[1]

なお憧れていた芸人はロンドンブーツ1号2号。「ワクワクする感じ、クレバーな感じ、あくどい感じに憧れた」と語っている<徳井>[2]

コンビ結成(2000年-)

高校卒業後上京しNSC東京校5期生として入学。同期はピースなど。 NSCにはあまり登校せずパチンコばかりしていた。ピース又吉は一度も徳井をNSCで見た事がないと話している。

2000年、東京NSC5期生であった吉村とコンビ結成。結成まで吉村は7回(「キャンディキャンディ」「チャームポイント」等)、徳井は4回(「トムソンガゼル」「ドラッガ」等)違うコンビを組んだがいずれも解散。徳井曰く、「ドラッガ」時代は消したい過去とのこと。本人たち曰く「余り物コンビ」。

結成当初のコンビ名は「コブシトザンギ」であった。「コブシ」は「拳を上げる」。「ザンギ」は北海道弁で「唐揚げ」という意味(厳密には多少異なる)。しかし画数を見たところ「凶」で、2004年にアシスタントとして出演していたヨシモトファンダンゴTV『ワイ!ワイ!ワイ!』中で視聴者公募により改名。だが、現在の「平成ノブシコブシ」は大凶である。それでも、本人たちは気に入っている。

「平成ノブシコブシ」の名付け親は同じ北海道出身のお笑いコンビタカアンドトシで、漫才師のような名前が良いだろうと言うことで命名した[3]

若手時代(2005年-)

2005年、お笑い登龍門によく出ていたハイキングウォーキング・ピース・イシバシハザマとともにラ・ゴリスターズを結成。

2006年7月、ルミネtheよしもとで行われた単独ライブ「御コント」はチケット発売開始から5分で完売(約500席)。“1じ3じ”、“7じ9じ”に出演したことのないコンビがルミネで単独を行ったのはルミネ史上初。

2007年3月に放送作家・福田雄一と元ジョビジョバリーダー・マギーらと組んだコントユニットでU-1グランプリに出演。同年7月、新宿シアターアプルにて、単独ライブ「御コント」を行う。約700席のチケットが即完売。

2010年9月28日をもってAGE AGE LIVEを卒業した。

ブレイク(2010年-)

2010年、 『(株)世界衝撃映像社』の「ホームステイin部族」ロケ企画にてブレイク。 同年若手の人気芸人らによるコント番組「ピカルの定理」がスタート。レギュラーメンバーに抜擢される。この年をきっかけに一般に広く認知される。

2012年10月16日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系列)内で40代芸人7人(いとうあさこ、東貴博、土田晃之、飯尾和樹(ずん)、出川哲朗、ノッチ(デンジャラス)、X-GUN)に「今、面白いと思う芸人」というアンケートを取ったところ、1位に平成ノブシコブシがランクインした。

芸風

平成ノブシコブシ(コンビ)

コント漫才の両方演じている。ネタ中に吉村がシャツを破る、飛び跳ねるなど大胆な行動に出ることがある。

  • 漫才では豪快なシチュエーションを吉村が実践しながらボケて徳井が振り回される事が多いが、徳井が徐々に吉村の行動を邪魔してボケとツッコミが入れ替わるパターンもある。
  • ノブコブの売りを問われ、吉村は「人をワクワクさせること」と話している。テクニックやギャグではなく、一生懸命"こんぼう"を振り回すことによる笑いやアクシデントが魅力である[2]
  • ライバルは同期のピース。

徳井健太(ピン)

サイコパス

相方吉村の破天荒キャラが目立ちがちだが、ツッコミの徳井もかなりの変わり者である。

  • 相方吉村に、結婚していた事を5年間隠していた。なおエチオピアの部族ロケの決闘中に突如打ち明けた。本人曰く「言う機会がなかった」
  • 出身は千葉だが「同郷コンビ」に憧れしばらく相方に「北海道出身」と偽っていた。
  • 風呂が好きらしく半年は水を変えないため嫁に嫌がられているという。
  • 若手の頃、相方吉村を深夜いきなり呼び出し、食事の会計だけを支払わせた。吉村が腹を立て「どういうことだよ」と詰め寄ったが、突然胸ぐらをつかみ吉村をボコボコにした[4]
  • 以前海外ロケに行った際、日本人は食べないが現地の人は食べる虫を「エビみたいな味がする」と食した。
  • 吉村が新橋駅歩いていたら目の前に音楽聞きつつ踊りながら歩く人を見かけ、気になって見ると徳井だった。そのことについて吉村は「ヤバイ!と思って肩たたいたら徳井が目を見開いて「一番見られたくない奴に見られた」といった」(徳井曰く「誰にも迷惑かけてないからセーフ」)。
  • アメトーーク内で徳井個人で作成したPVを紹介したところその内容(顔をプルプル震わせて、太鼓たたいて、紙袋の仮面をかぶったエキストラがたくさんいる)から客席から悲鳴が上がり相方吉村からも突っ込まれていた(尚、「負タケ頑ゴメ煌トクイ」というタイトルでYouTubeでも見れる模様)
  • 「TwitCasting」(ツイキャス)で、女性お笑いコンビ・天然ピエロの羽柴麻以とキスをしたり、親しげに抱きついたりするドッキリ動画を配信し、炎上した。
  • 下積み時代は嫁の貯めていた貯金を全額食いつぶした[5]結婚後も妻からもらった教習所の費用をギャンブルに注ぎ込んで怒られたことがある[6]
  • 座右の銘は「狂乱麗舞」。(ヤンキー漫画「特攻の拓」から)。漫才用のスーツにも刺繍している。
  • 20歳の頃、バイト先の居酒屋の店長と酒に酔って喧嘩した。翌朝徳井が家で目を覚ますと、足に貫通したように2カ所に穴が空いていた。口論中に店長は「拳銃持ってるからな」と話していたという[7]

エピソード

人物エピソード

  • 既婚。2児の父である
  • ギターが弾ける。
  • 好きな食べ物はソーメン。また、蒙古タンメン中本の熱烈なファンである。
  • バレーも出来る。
  • 若くて綺麗な女性芸能人のファン(特にアイドル)だったりする。
  • ギャンブル(麻雀/ボートレース/パチスロ)好き
  • Twitterの登録名は「平成ノブシコブシ徳井健太(@nagomigozen)」であるが、その理由について「(なごみ御前にしたのは)美味しかったから」。
  • Twitterのアイコンが烏賊に変わった際に理由を聞かれ「イカ推し」と答える。

家族エピソード

  • 両親ともども変わり者である(例 徳井の母はいわゆる茹でるという作業を面倒臭がり、ご飯にウィンナー刺したものを温めたものを出す、ギャンブルで借金繰り返し家庭をジリ貧の状態にしても尚子供の欲しい物を買い与える 等)が父親から「家庭の話をするな」と口止めされている。[8]
  • 健太という名前は父親がたまたま見ていたドラマから。母親は冗談だと思っていたが、翌日勝手に区役所に届け出を出されていた[5]
  • なお、母親がつけたかった名前はレオナ。徳井曰く、健太はまだまし[5]
  • 父親も博打が好きで、徳井の給食費でギャンブルに行ったことがある。その日博打に勝ったらしく、15万の革ジャン買ってきたが、徳井の給食費の分は無かったという[9]
  • 母親に人生で唯一褒められたのが「あんたは人をむかつかせる天才」。

分析力

  • 同業の芸人などについて分析するのが得意である。
  • 2007年にあるコント番組が決まった際、相方吉村に『いや、俺らが売れるのはここじゃない』『この番組、2007年じゃない。俺らは絶対、31か32じゃないと売れない』と断言していた。実際その歳に仕事が増え始めるなど、先見の明がある[10]

受賞歴

  • 「笑いの万博 即戦力王決定戦」(第1回(2008))優勝

映画

  • 「鉄と生きて」吉本興業

書籍

  • 「あらびき団公式パンフレット」ヨシモトブックス

ドラマ

  • CX「50周年記念ドラマ我が家の歴史」

DVD

  • 「ペルソネル活動(3)/(4)」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ルミネ the よしもと 業界イチの青田買い2008 夏」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08」よしもとアール・アンド・シー
  • 「笑いの万博」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ルミネtheよしもと 業界イチの青田買い2009 春」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ルミネtheよしもと 業界イチの青田買い2010 SPECIAL」よしもとアール・アンド・シー
  • 「平成ノブシコブシ 初・単独ライブDVD 御コント~今宵の主役はどっちだ~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO presents LIVE STAND 2010 男前祭り~草食系DISC~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「やりすぎフェスタ2010 やりすぎ芸人都市伝説 Vol.3」よしもとアール・アンド・シー

舞台

  • 「桃を抱く」
  • 「桜飛び散る」
  • 「ガーベラ~その一輪のガーベラはどうしようもなく真っ黒に咲いた~」
  • 「U-1グランプリ CASE01『取調室』」
  • 「ハッピーな片想い」
  • 「ソビエト」/主演
  • 「湘南すずらん大学物語♯2 本当にあった怖い部室」/ゲスト出演
  • 「神保町花月1周年記念公演 チートマンズ~アニバーサリーにキスをして~」/主演
  • 「神保町花月100回記念公演 ダメミファソラシド~♪」
  • 「咆号」/主演
  • 「少年Xプロジェクト特別講演 少年X」/主演

出典

  1. [お笑いポポロ(麻布台出版社)2008年5月号 10-11ページ]
  2. 2.0 2.1 ロングインタビュー#1 平成ノブシコブシ徳井-動画[無料|GYAO!|バラエティ・スポーツ]
  3. [お笑いポポロ(麻布台出版社)2009年2月号 40-41ページ]
  4. 破天荒なはずの平成ノブシコブシ・吉村崇に“ただのいいヤツ”疑惑 - ライブドアニュース
  5. 5.0 5.1 5.2 【徳井インタビュー】徳井健太の名前のルーツ&奥さんとの意外な関係!
  6. ノブコブ徳井、離婚危機明かす「やばいっすね…」”. ORICON STYLE (2013年8月17日). 2016年11月18日閲覧
  7. 平成ノブシコブシ徳井健太が重傷を負った過去明かす 銃撃の可能性も? - ライブドアニュース
  8. [2014年9月6日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』]
  9. #42【ノブコブインタビュー】サイコ野郎徳井が心中激白!
  10. ノブコブ・徳井が語る「ブレイクする芸人の法則」 | 世界は数字で出来ている