後藤輝基(フットボールアワー)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

後藤輝基(ごとうてるもと 1974年06月18日-)は、お笑いコンビ『フットボールアワー』のツッコミ担当。身長170cm、体重52kg、血液型がB型である。

来歴

子ども時代

大阪市立東淡路小学校、大阪市立柴島中学校、大阪府立山田高等学校卒業。

大阪北予備校に通うが中退し、ダウンタウンに憧れ、NSC大阪校14期生として入学。

若手時代

1994年、 NSCで同期だった天満国男と『後藤・天満』(後に『エレキグラム』と改名)を結成。当時はボケを担当し、5年ほど活動を続けるも、1999年に解散。

2ヵ月後の1999年4月、NSCの同期であった岩尾望と『フットボールアワー』を結成。これを機にツッコミに転向する。

もともと合同イベントを行うなど友人同士であり、お互いに笑いの才能を認め合ってはいたが、なかなか言い出せなかった。電話で2時間くらいムダ話をした後に、しびれを切らした後藤から言い出したのがきっかけ[1]

賞レースを総なめ(2000年-)

結成からわずか9ヵ月後、2000年にABCお笑い新人グランプリを獲得。これを皮切りに、若手漫才師に与えられる数々の賞を総なめにした。 なお当時は岩尾からのダメ出しがえげつなかったため、後藤はグランプリを獲っていなかったら辞めていたと明かしている[1]

翌年2001年にはM-1グランプリに結成2年目にして決勝に進出する。ちなみに結果は6位であったが、紳助と松本の評価が非常に低かったことに、辞めることを考えたほどショックを受けたという[1]

2002年大会は準優勝。

2003年本命と言われた大会で悲願の優勝を果たした。

若手時代(2003年-)

2003年にM‐1で優勝を勝ち取り、東京での仕事も増えて売れると思っていた2人だが、現実は思ったように仕事が増えなかった。 レギュラーも関西ローカル番組が1本だけの時期もあり、お互い噛み合わずコンビ仲は険悪だったという[1]

当時品川や河本、ブラックマヨネーズ、チュートリアルなどが売れ始め、2人はもどかしさを感じていた。そうした焦りから、バラエティでひな壇に座ると必死に前へ出ようとしていた後藤は「収録が終わったら、汗で手のひらがジーパンの青色に染まっていた」こともあった[2]

ブレイク(2008年-)

そんな伸び悩みの時期を経て、2008年頃になると関西ローカルの深夜番組「ジャイケルマクソン」や名古屋の「ノブナガ」、「土曜はダメよ!」などで後藤が徐々にイジられるようになる。 後藤はその頃から自分を取り巻く状況が変化したと話している。

現在(2013年-)

プライベートでは2013年8月16日に11歳年下の一般女性「ペロちゃん」と結婚。『行列ができる法律相談所』(日本テレビ系)に出演し電話で公開プロポーズを行った[3]

また、2015年6月24日、3336グラムの第1子男児が誕生。「母子、岩尾、ともに健康です!」とコメントを寄せている[4]

現在ではピンでの活動が増え、バラエティのMCなどレギュラー番組10本以上を抱える売れっ子として名を馳せている[1]

芸風

フットボールアワー(コンビ)

  • 岩尾望はボケ担当で立ち位置左。後藤輝基はツッコミ担当で立ち位置右。
  • ネタ作りは2人で行っている。
  • 漫才の評価が高いが、コント歴の方が長く、共に、旧コンビ結成当初は、コントを行っており、その後、漫才を始めたという。また、ユニットコントライブ「六人の侍」等にも参加している。

後藤輝基(ピン)

スマートツッコミ

ボキャブラリー豊富でスマートな例えツッコミが魅力。若手No.1ツッコミ師としての呼び声も高い[5]

  • 本人曰くツッコミやボケの境界や定義はあまり意識しておらず、「その時々に応じて頭の中に浮かんだことを言っているだけ」だという。
  • もともとはただ“訂正”しているだけのツッコミであったが、ツッコんだ後に、言葉を“足して”いいんだっていうことに気づいてから現在のスタイルに変化した[5]
  • 脅威と感じる後輩のツッコミは、千鳥ノブ銀シャリ橋本南海キャンディーズ山里など[5]
  • 『芸人報道』ではそんな後藤のツッコミをたたえる「スマートツッコミ・コレクション」というコーナーもあった[5]
  • 他の芸人が言ったことを憶えていると、無意識にそれを言ってしまう可能性があるため、できるだけ他の芸人のツッコミは見ないようにしているという[5]
  • 一時期吉本の若手の間では、最期にうまいツッコミをさらうことを「輝基る」と称していた。(なおそれを聞いた後藤本人は「なんで下の名前やねん」とツッコんでいる)

ギター

趣味はギターで、「アメトーーク!」の「チョット弾けます ギター芸人」のリーダーも務めている。愛用のギターは「Gretsch G6199 Billy-Bo Jupiter Thunderbird」と長渕のJAPANモデルこと「Takamine NPT-115-6 NT」[6]

  • 出会いは高校1年の時に、家にあった父親のガットギター[7]
  • 長渕剛とBLANKEY JET CITYを敬愛している[7]
  • 『ノブナガ』(CBCテレビ)の企画で、「GO☆TO」名義でオリジナル曲「今は東へ」を発表している。着うた配信で10万ダウンロードを記録[8]
  • 2012年7月18日には、番組で共演したタレント小倉優子への出産応援ソング「COME ON BABY!」がCDリリースした[7]

エピソード

人物エピソード

  • コンプレックスは短足。
  • 主な愛称は「後藤君」、「後藤ちゃん」、「ペロちゃん」。
  • 現役の喫煙者である。
  • 雨上がり宮迫とはダウンタウン松本を筆頭によくお酒を飲みに行く仲[1]

コンビ仲エピソード

  • 相方岩尾の「のんちゃん」というあだ名が嫌い。ラジオの投稿で「後藤さんのんちゃんこんにちは。」というのがあれば、「後藤さん岩尾さんこんにちは。」と直してから読む。
  • フットボールアワーの名前の由来は、岩尾が読んでいたアメリカの小説の「月曜日のフットボールアワーに間に合わないよ」という科白からの引用。 なお岩尾はこの件について「大した答えが返ってくることはないので、フットボールアワーにコンビ名の由来を尋ねない(で下さい)。聞いた方が損をするだけです、適当に付けた名前ですから」[9]と語っている。その他のコンビ名の候補に「ギターピアノ」、「その時 彼女は言った」などがあった[10]
  • フットボールアワーの半年先輩である次長課長の河本は当時、フットボールアワー結成に猛反対していた。岩尾の個性が強すぎて後藤の個性を殺してしまうのが心配で、失敗すると言っていたという[1]

受賞歴

コンビ受賞

  • 「NHK上方漫才コンテスト」(第31回(2000))優秀賞
  • 「ABCお笑い新人グランプリ」(第21回(2000))最優秀新人賞
  • 「NHK上方漫才コンテスト」(第32回(2001))最優秀賞
  • 「オートバックスM-1グランプリ2001」(第1回)第6位
  • 「上方漫才大賞」(第37回(2002))優秀新人賞
  • 「上方お笑い大賞」(第31回(2002))最優秀新人賞
  • 「オートバックスM-1グランプリ2002」(第2回)第2位
  • 「上方お笑い大賞」(第32回(2003))話題賞
  • 「MBS新世代漫才アワード」(第1回(2003))優勝
  • 「オートバックスM-1グランプリ2003」(第3回)優勝
  • 「上方漫才大賞」(第39回(2004))大賞
  • 「上方お笑い大賞」(第33回(2004))最優秀技能賞
  • 「オートバックスM-1グランプリ2006」(第6回)第2位

ピン受賞

  • 「よしもと男前ランキング」(第5回(2004))第6位
  • 「よしもと男前ランキング」(第6回(2005))第10位
  • 「よしもと男前ランキング」(第7回(2006))第10位
  • 「よしもと男前ランキング」(第8回(2007))第7位
  • 「よしもと男前ランキング」(第9回(2008))第10位

出演

フットボールアワー

映画

  • 「ガキンチョ★ROCK」イエス・ビジョンズ
  • 「日常」エス・エス・エム
  • 「日常 恋の声」エス・エス・エム
  • 「いいオンナには運がある」吉本興業
  • 「桜と印籠」吉本興業

書籍

  • 「B面-baseよしもとOFFICIAL BOOK」ぴあ
  • 「B面03」ぴあ
  • 「うめだ花月 芸人読本」ぴあ
  • 「漫革」KKベストセラーズ
  • 「よしもと魂」KKベストセラーズ
  • 「フットボールアワー 人類のルール」角川インタラクティブ・メディア

ドラマ

  • 「よろず刑事」ABC

DVD

  • 「baseよしもと 2000大図鑑/2001大図鑑/2002大図鑑/2003大図鑑」ビクター
  • 「メッセンジャー・シャンプーハット・ブラックマヨネーズ・フットボールアワー・ビッキーズ・ロザン in ZAIMAN」バップ
  • 「新すぃ日本語」ポニーキャニオン
  • 「ジェットボールアワー」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ジェットボールアワー04」よしもとアール・アンド・シー
  • 「木村とご飯 其之壱」よしもとアール・アンド・シー
  • 「やりすぎコージーDVD4 未開の原生林を泳ぐ!!ネイチャージモン脅威の実態に迫る!」よしもとアール・アンド・シー
  • 「永久保存版 吉本ギャグ100連発5 横丁へよ~こちょ!編」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ZAIMAN ZAI!!/MAN!!」よしもとアール・アンド・シー
  • 「~漫才ファッションショー~漫服」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ジャイケルマクソン~第1回ジャイケルフォトデミー賞~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ジャイケルマクソン ジャイケルトーク(109)祭り THE BEST」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 07」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08 OSAKA」よしもとアール・アンド・シー
  • 「フットボールアワーコントライブ ドレキグラム'08」よしもとアール・アンド・シー
  • 「フットボールアワーコントライブ ドレキグラム'09」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 09~ネタ祭り~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ユニットコントライブ 六人の侍」よしもとアール・アンド・シー
  • 「フットボールアワーコントライブ ドレキグラム'10」よしもとアール・アンド・シー
  • 「爆笑レッドカーペット~克実より愛をこめて~」よしもとアール・アンド・シー

実績

  • バイキング CX
  • 超潜入!リアルスコープハイパー CX
  • 土曜はダメよ YTV
  • ざっくりハイタッチ TX
  • ハックツベリー TX


後藤輝基

映画

  • 「ニュース」吉本興業/監督・出演

音楽

  • 「一枚目」よしもとアール・アンド・シー(盆地で一位として)

DVD

  • 「侍チュート!コント×コント×コント」よしもとアール・アンド・シー
  • 「人志松本のすべらない話 其之四」よしもとアール・アンド・シー
  • 「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン」よしもとアール・アンド・シー
  • 「アメトーークDVD(4)」よしもとアール・アンド・シー
  • 「元祖 人志松本のゆるせない話 下」よしもとアール・アンド・シー


出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 「八方・陣内・方正の黄金列伝!」(よみうりテレビ)2016年11月11日
  2. 「黄金列伝」でフットボールアワーが不遇時代&転機を語る - お笑いナタリー
  3. フット後藤、公開プロポーズ成功で歓喜「赤ちゃんええな!」 | ORICON STYLE
  4. “フットボールアワー・後藤輝基に第1子男児誕生「母子、岩尾、ともに健康です!」”. ORICON STYLE (2015年6月24日).
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 よしもと☆スタイルVOL.17 | 後藤輝基『フット後藤の“ツッコミ論”』 | ORICON STYLE
  6. アメトーーク! ちょっと弾けますギター芸人2016の使用機材と感想 - Jailbreak
  7. 7.0 7.1 7.2 出産ソング発売、GO☆TOことフット後藤が音楽遍歴語る - お笑いナタリー
  8. ノブナガ - Wikipedia
  9. 「フットボールアワーのルール」、『フットボールアワー 人生のルール』、角川書店、2005年。
  10. 2010年8月30日放送回『クイズ雑学王』(テレビ朝日)出演時の後藤談。