平子祐希(アルコ&ピース)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

平子 祐希(ひらこ ゆうき、1978年12月4日(37歳) - )は、アルコ&ピースのボケ担当。福島県いわき市出身。A型。身長182cm、体重90kg。太田プロダクション所属。

来歴

子ども時代

1978年福島県いわき市出身。福島県立勿来工業高等に進学し、ラグビー部に所属。東北選抜に選出されるほどの実力であったという。

プロデビュー

1997年に『ドントクライ』というコンビでデビューするも、ほどなくして解散。

2004年4月から2006年までは、高山和隆(現・銀河の夜)とのコンビ『セクシーチョコレート』で活動していた。なお、このコンビ名は映画『星の王子様 ニューヨークへ行く』の中に出てくるチャリティーバンドに由来している。[1]

アルコ&ピース結成

『セクシーチョコレート』解散後、ピン芸人として活動していた酒井に声をかけられ「アルコ&ピース」を結成。結成時について、酒井は「(平子の)前のコンビも見ていて、センスの塊だと思っていた」と語っており、一方で平子も「酒井がピン芸人で調子がよかったから、一緒に組みたいけれど言いづらい状況だった。」「学生の時の片思いみたいな感じだった。(誘われて)僕はそれをおくびにも出さないで『いいよ』って言った」と語っている。

現在

プライベートでは、2007年に結婚。2011年に息子、2013年に娘が誕生。愛妻家として知られ、夫婦でバラエティ番組に出演することが多い。また単独での出演時も嫁を「抱いた」エピソードやラブラブな夫婦生活を話すことがある。

コンビとしてくすぶる日々が続くも、2012年「THE MANZAI」決勝にて笑い飯を下して3位に入賞。これを期に知名度を上げる。経済的に苦しかったことから、『THE MANZAI 2012』で良い結果が残せなければ芸人を引退するつもりだったという。[2]

2013年度には「笑っていいとも!水曜日」の準レギュラーに決定。また同じく2013年度よりオールナイトニッポン(ニッポン放送)のパーソナリティーを3年間務めた。クセになる茶番劇がリスナーに受け、お笑い芸人のラジオ番組として非常に高い人気を誇った。[3]

芸風

  • コントと漫才については、どちらも半分くらいの割合でやっており、こだわりはないという。酒井は主にツッコミを担当している。
  • ネタを書いている平子は「大枠で『お笑い』と思っているので、どっちが好きというのもないです。こだわりがあるとかたよりが出ちゃう」といい、「僕らはマルチスタイルと呼んでいる。コントだと演技力が要求されるし、映画だったりお芝居だったりお仕事が発生して、つながりやすくなればいい」と語っている。[4]
  • 持ちネタは、酒井の「〜になりたいからやってみよう」などのネタ振りに平子が真剣に苦言を呈し続けるネタや、二者の立場を逆転させるネタ(「逆万引きGメン」、「逆架空請求」、「逆面接」、「逆説教」、「逆取調べ」、「逆自殺説得」など)、ラテン系の架空の言語でしゃべくり漫才をするコント「フェルナンデス兄弟(所々に出てくる日本語や身振り手振りによって何をしているのかが分かる)」シリーズがある。その他にも「どんな注文でも受け付ける寿司屋」、「ナレーションのレコーディング」、「ブティック風魚屋」、「ファストフード風不動産屋」、「ボウリングのスコア買取」、「体育館のバレーボール除去」など。
  • コントやトークでは通称「ひらこり」という独特な世界を展開する。
  • ライバルの芸人は、お笑いトリオの「パンサー」。平子曰く「いけ好かなくもあこがれる」。[5]

意識高い系IT社長「瀬良明正」

ピンではフジテレビ系『超ハマる! 爆笑キャラパレード』にて、株式会社ワールドイッツマイン代表取締役の意識高い系IT社長「瀬良明正(せら まさあき)」としてブレイク中。 ややうざいが心に残る奥深い格言が人気である。

エピソード

  • 楽屋泥棒に遭い、財布とお金をなくすも先輩芸人の有吉弘行から助けられる[6]

愛妻家

  • 自分たちを「森の住人」と設定し、平子は「森の知識の王様」のブタのぴーちゃん。奥さんは「森のシェフ」の子グマのミーシャという設定で生活している。[7]

受賞歴

コンビ

フジテレビ『THE MANZAI 2011』50組認定漫才師・ファイナリスト選出 フジテレビ『THE MANZAI 2012』50組認定漫才師・ファイナリスト選出,準優勝 フジテレビ『THE MANZAI 2013』50組認定漫才師 TBS『キングオブコント 2013』ファイナリスト選出

主な出演

アルコ&ピース

DVD

  • 『東京スケッチ』(コンテンツリーグ/2011)
  • 『博愛』(コンテンツリーグ/2013)

ラジオ

  • LF 『アルコ&ピースのオールナイトニッポン』
  • 『アルコ&ピースのオールナイトニッポンZERO』
  • 『沈黙の金曜日』

映画

  • 『HENTAI KAMEN』(2013.4.公開/福田雄一監督 平子のみ)
  • 『薔薇色のブー子』(2014.5.公開 福田雄一監督)
  • 『女子ーズ』(2014.6.公開 福田雄一監督)

舞台

  • 『スマートモテリーマン講座』(2013.1.〜2.天王洲銀河劇場)

脚注

出典

  1. 「アルコ&ピースのオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)2013年4月18日
  2. 『笑っていいとも!増刊号』 2013年4月21日放送
  3. アルコ&ピース D.C.GARAGE | TBSラジオクラウド
  4. アルコ&ピース:ラジオファンから“カリスマ”扱い? いまさら聞けないネクストブレーク芸人
  5. アルコ&ピース:ラジオファンから“カリスマ”扱い? いまさら聞けないネクストブレーク芸人
  6. http://ameblo.jp/sukattostaff/entry-11436379724.html 有吉弘行のちょっといい話|話してSukatto(スカッと)!!
  7. 彼女の前では甘えん坊芸人を観るbyアメトーク: 哲兄さんの独り言