岩尾望(フットボールアワー)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

岩尾望(いわおのぞむ 1975年12月19日-)は、お笑いコンビ『フットボールアワー』のボケ担当。身長171cm、体重63kg、血液型がB型である。

来歴

子ども時代

両親は京都大学出身の公務員で、一人っ子として育つ。

子供の頃は明るい少年だったが、小学校高学年頃から周囲に敬遠され始め、高校時代には一人も友人がおらず、当時の同級生の中には、のちにテレビで観て初めて岩尾の声を聞いたという者もいた。 休み時間は机で寝たフリをしたり、ゆっくり時間を掛けて手洗い場を往復するなどして過ごしていたが、急に嫌われた小中学校時代と違い、高校時代に友達ができなかったのは、着用していた高価な革ジャンを体育などで脱がなければならない時に南京錠を掛けて椅子に固定していたなど、岩尾自身の行動が原因だと指摘された[1]。 なお『アメトーーク』でサバンナ・高橋が「中学の時イケてないグループに属していた芸人」をプレゼンした際、岩尾もこのくくりに入るのではないかと聞いたが、岩尾は「イケてないグループにすら属せなかった」と答えた[2]

大学時代も友人は少なく、しばしば勉強をして時間を潰していたという。

桃山学院高等学校、関西大学社会学部卒業。吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校14期生。

若手時代

1994年頃、NSC同期のカネシゲタカシ(現在は漫画家として活動)とコンビ『ドレス』を結成。岩尾は当時ブサイクという自覚はなく、都会派コントをやっていたという。(コンビ名「ドレス」に関しては、相方曰く「顔がパジャマ丸出し」)

5年後の1999年3月にドレスを解散し、同年4月に同時期にコンビを解散していた後藤輝基と新しく『フットボールアワー』を結成した。

もともと合同イベントを行うなど友人同士であり、お互いに笑いの才能を認め合ってはいたが、なかなか言い出せなかった。電話で2時間くらいムダ話をした後に、[3]。 痺れを切らした後藤の方から切り出され、「別にええけど…」とあくまで上にたった物言いで承諾した。そのことは岩尾の性格もよく顕れたエピソードとしてよくネタにしている。

賞レースを総なめ(2000年-)

結成からわずか9ヵ月後、2000年にABCお笑い新人グランプリを獲得。これを皮切りに、若手漫才師に与えられる数々の賞を総なめにした。

翌年2001年にはM-1グランプリに結成2年目にして決勝に進出する。

2002年大会は準優勝。

2003年本命と言われた大会で悲願の優勝を果たした。

若手時代(2003年-)

2003年にM‐1で優勝を勝ち取り、東京での仕事も増えて売れると思っていた2人だが、現実は思ったように仕事が増えなかった。 レギュラーも関西ローカル番組が1本だけの時期もあり、お互い噛み合わずコンビ仲は険悪だったという[3]

当時品川や河本、ブラックマヨネーズ、チュートリアルなどが売れ始め、2人はもどかしさを感じていた。[4]

現在

2016年8月21日、神保町花月にてフットボールアワー岩尾望の単独ライブ『一人フット』を開催[5]

芸風

フットボールアワー(コンビ)

  • 岩尾望はボケ担当で立ち位置左。後藤輝基はツッコミ担当で立ち位置右。
  • ネタ作りは2人で行っている。
  • 漫才の評価が高いが、コント歴の方が長く、共に、旧コンビ結成当初は、コントを行っており、その後、漫才を始めたという。また、ユニットコントライブ「六人の侍」等にも参加している。

岩尾望(ピン)

  • 吉本ブサイクランキングで3年連続第1位となり、殿堂入りを果たす。しかし岩尾本人は自分を特段ブサメンだとは思っていない。2010年に入ってから美顔に目覚め、化粧品や美容グッズを熱心に集めている。
  • 頭頂部の毛髪が年々薄くなり、体は肥ってきている。薄毛については吉本主催の育毛プロジェクトに参加し丹念なケアを行い回復しつつあるが、それでも「まあまあハゲている」ことをネタにされている。
  • ヒゲや体毛が濃く、一番のコンプレックスであると語っている。
  • マンダムの男性化粧品ブランド「GATSBY」のCMにおいて、岩尾が洗顔した後(編集によって)所謂「男前」の木村拓哉に変身する、というものが話題になったことがある。本人もこのCMが相当気に入っているらしく、実際同じようなシチュエーションで洗顔を行う動画やパロディコントが上げられたり、「あのCM以降、僕が顔を洗おうとすると周囲がざわつくようになった」と語っている。

エピソード

人物エピソード

  • 愛犬はトイプードルのつくし君。
  • アイドル好きであり、Berryz工房のファン。菅谷梨沙子を推している。好きな楽曲は「付き合ってるのに片思い」。2015年に入ってからは、同年3月3日を以ってBerryz工房が無期限活動停止に入る事もあって、佐々木莉佳子(アンジュルム)推しになった。
  • Mr.Childrenの大ファンでもある。
  • Dragon Ashの降谷建志と親交が深い。音楽番組にも滅多に出演しない降谷が『ジャイケルマクソン』に「のんちゃんのためなら」とVTR出演したことがあるほか[6]、2010年にはフットボールアワーが司会を務める「よしもとオンライン」の「オークション・アワー」に降谷がゲスト出演し共演している[7]
  • ファッションが趣味で主に裏原宿に入り浸り、服装から眉毛の手入れまでお洒落には人一倍気を遣っている。友人にファッションデザイナーが多く、DVD『ドレキグラム'09』のパッケージデザインは、岩尾が愛用するファッションブランドに依頼し、完成させた。
  • 26年間自分の血液型を知らず、吉本興業のプロフィールでも「不明」と表記されていたが、単独ライブ『ナイトボールアワー』にて、献血で検査を受け、その結果を発表するという企画を行い、B型と判明した。

コンビエピソード

  • 相方後藤のことを名前で呼べず、「自分」とか「ねえねえ」と呼ぶ。後藤が遠くにいた場合は、わざわざ近くに寄っていって用件言うという[8]
  • フットボールアワーの名前の由来は、岩尾が読んでいたアメリカの小説の「月曜日のフットボールアワーに間に合わないよ」という科白からの引用。 なお岩尾はこの件について「大した答えが返ってくることはないので、フットボールアワーにコンビ名の由来を尋ねない(で下さい)。聞いた方が損をするだけです、適当に付けた名前ですから」[9]と語っている。その他のコンビ名の候補に「ギターピアノ」、「その時 彼女は言った」などがあった[10]
  • 歴代のM-1グランプリ史上最年少で当時28歳で優勝した。

受賞歴

コンビ受賞

  • 「NHK上方漫才コンテスト」(第31回(2000))優秀賞
  • 「ABCお笑い新人グランプリ」(第21回(2000))最優秀新人賞
  • 「NHK上方漫才コンテスト」(第32回(2001))最優秀賞
  • 「オートバックスM-1グランプリ2001」(第1回)第6位
  • 「上方漫才大賞」(第37回(2002))優秀新人賞
  • 「上方お笑い大賞」(第31回(2002))最優秀新人賞
  • 「オートバックスM-1グランプリ2002」(第2回)第2位
  • 「上方お笑い大賞」(第32回(2003))話題賞
  • 「MBS新世代漫才アワード」(第1回(2003))優勝
  • 「オートバックスM-1グランプリ2003」(第3回)優勝
  • 「上方漫才大賞」(第39回(2004))大賞
  • 「上方お笑い大賞」(第33回(2004))最優秀技能賞
  • 「オートバックスM-1グランプリ2006」(第6回)第2位

ピン受賞

  • 「よしもとブサイクランキング」(第1回(2000))第2位
  • 「よしもとブサイクランキング」(第2回(2001))第2位
  • 「よしもとブサイクランキング」(第3回(2002))第2位
  • 「よしもとブサイクランキング」(第4回(2003))第1位
  • 「よしもとブサイクランキング」(第5回(2004))第1位
  • 「よしもとブサイクランキング」(第6回(2005))第1位(殿堂入り)

出演

フットボールアワー

映画

  • 「ガキンチョ★ROCK」イエス・ビジョンズ
  • 「日常」エス・エス・エム
  • 「日常 恋の声」エス・エス・エム
  • 「いいオンナには運がある」吉本興業
  • 「桜と印籠」吉本興業

書籍

  • 「B面-baseよしもとOFFICIAL BOOK」ぴあ
  • 「B面03」ぴあ
  • 「うめだ花月 芸人読本」ぴあ
  • 「漫革」KKベストセラーズ
  • 「よしもと魂」KKベストセラーズ
  • 「フットボールアワー 人類のルール」角川インタラクティブ・メディア

ドラマ

  • 「よろず刑事」ABC

DVD

  • 「baseよしもと 2000大図鑑/2001大図鑑/2002大図鑑/2003大図鑑」ビクター
  • 「メッセンジャー・シャンプーハット・ブラックマヨネーズ・フットボールアワー・ビッキーズ・ロザン in ZAIMAN」バップ
  • 「新すぃ日本語」ポニーキャニオン
  • 「ジェットボールアワー」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ジェットボールアワー04」よしもとアール・アンド・シー
  • 「木村とご飯 其之壱」よしもとアール・アンド・シー
  • 「やりすぎコージーDVD4 未開の原生林を泳ぐ!!ネイチャージモン脅威の実態に迫る!」よしもとアール・アンド・シー
  • 「永久保存版 吉本ギャグ100連発5 横丁へよ~こちょ!編」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ZAIMAN ZAI!!/MAN!!」よしもとアール・アンド・シー
  • 「~漫才ファッションショー~漫服」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ジャイケルマクソン~第1回ジャイケルフォトデミー賞~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ジャイケルマクソン ジャイケルトーク(109)祭り THE BEST」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 07」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08 OSAKA」よしもとアール・アンド・シー
  • 「フットボールアワーコントライブ ドレキグラム'08」よしもとアール・アンド・シー
  • 「フットボールアワーコントライブ ドレキグラム'09」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 09~ネタ祭り~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ユニットコントライブ 六人の侍」よしもとアール・アンド・シー
  • 「フットボールアワーコントライブ ドレキグラム'10」よしもとアール・アンド・シー
  • 「爆笑レッドカーペット~克実より愛をこめて~」よしもとアール・アンド・シー

実績

  • バイキング CX
  • 超潜入!リアルスコープハイパー CX
  • 土曜はダメよ YTV
  • ざっくりハイタッチ TX
  • ハックツベリー TX

岩尾望

映画

  • 「神様のパズル」東映
  • 「スイッチ」吉本興業/監督・脚本・出演
  • 「ニュース」吉本興業/主演

書籍

  • 「ゴチャゴチャ言わんと誰が一番おもろいんか決めたらええんや」ぴあ

ドラマ

  • 「BE-BOP-HIGHSCHOOL あのヒロシとトオルが帰ってきた!」TBS
  • 「BE-BOP-HIGHSCHOOL2 不良恋愛祝福抗争」TBS

DVD

  • 「ダイナマイト関西~全日本大喜利王決定トーナメント大会~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「準一河本のすべらない話」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO presents LIVE STAND 2010 男前祭り~肉食系DISC~」よしもとアール・アンド・シー

出典

  1. 『ヨシモト∞』
  2. アメトーーク DVD 第3巻
  3. 3.0 3.1 「八方・陣内・方正の黄金列伝!」(よみうりテレビ)2016年11月11日
  4. 「黄金列伝」でフットボールアワーが不遇時代&転機を語る - お笑いナタリー
  5. フットボールアワー岩尾望 インタビュー「ひとりで笑いに向き合い、笑いに追求するんだというだけのことです」 | OWARAI FAVCLIP|お笑いファブクリップ - お笑いニュースを毎日配信!
  6. 『ジャイケルマクソン』2009年9月9日(関西エリア)放送分
  7. フット岩尾とDragon Ash降谷建志が友情生共演 - お笑いナタリー・2010年6月21日
  8. ~フットボールアワーがやってきたLIVE | ペッコのお笑い遅咲き日記 - 楽天ブログ
  9. 「フットボールアワーのルール」、『フットボールアワー 人生のルール』、角川書店、2005年。
  10. 2010年8月30日放送回『クイズ雑学王』(テレビ朝日)出演時の後藤談。