山里亮太(南海キャンディーズ)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

山ちゃん(やまちゃん 1977年4月 14日)は、お笑いコンビ『南海キャンディーズ』のツッコミ担当。本名、山里亮太(やまさと りょうた)。身長178cm、体重80kg、血液型がAB型である。吉本興業所属。

来歴

子ども時代

千葉県千葉市に生まれる。小学校では学年の一番の問題児であったという。小学校の内申書には『要注意。しっかりとした先生を求む』と書かれていた。[1]

その後、地元の千葉市立さつきが丘中学校、千葉経済大学附属高等学校卒業。

高校3年の時、女性からモテたいという動機で芸人を志す。親に内緒で吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校に入るための理由付けで関西方面での進学を希望するが、両親に反対される。幾度の話し合いを経て、両親が関西の親戚に聞き、有名な大学という了承を得たことにより、一浪した後に関西大学に入った。なお大学の同回生に歌手の矢井田瞳がいる。

中学、高校、大学と10年間にわたって部活動、サークルでバスケットボールを続けたが、万年補欠で試合には出られず最後の試合で一度だけ出させてもらった。 また、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』のフリースロー対決でも、6投中、シュートは0本であった。出身高校のバスケットボール部部室には当時の写真が今でも飾ってある。

イタリア人時代

山里は関西大学在学中に、NSC大阪校22期生として入学。同期には、キングコング、山里亮太(南海キャンディーズ)、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)など。

卒業後は「侍パンチ」、西田富男と「足軽エンペラー」というコンビを結成しており、その時はボケ担当だった。TBS『ガチンコ!』の企画「漫才道」で優勝。

2003年3月に同コンビを解散後、ピン芸人「イタリア人」として活動していた。タンバリンを叩きながらテーブルマナーを喋るという芸風であった[2] が、しばらく鳴かず飛ばずだった。山里曰く、「スベリ過ぎて劇場の上の本屋さんのレジの音がチンッってのが聞こえてきた」。[3]

南海キャンディーズ結成(2003年)

そんな矢先、当時「西中サーキット」を解散し、「山崎二宮」を結成して間もなかったしずちゃんを見つけ、その才能に惚れ込む。 当時、baseよしもとではアイドル芸人が多く、女芸人はウケづらい雰囲気もあった。[4]しかし、そんな中、しずちゃんはなんと下ネタで爆笑をさらっていた。[4]

山里は、しずちゃんと組めば気持ち悪い男と得体のしれないモノっていう全く新しいコンビが出来ると閃く。コンビ結成前にもかかわらず、しずちゃんとのネタを勝手に書いていたという。

その後ケーキバイキングに誘って自分で考えた漫才の台本を渡し、しずちゃんに『この台本に可能性を感じたら今のコンビを解散してくれ』と誘い、2003年「南海キャンディーズ」を結成。[4]

また、コンビ結成後もピン芸人「追い風三等兵」として『R-1ぐらんぷり』に出場していた。

ブレイク

結成わずか一年という早さで、無名ながらも2004年ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞、同年M-1グランプリ2位という快挙を達成する。

しずちゃんは初の女性決勝進出者となり、さらにM-1決勝史上唯一の女性最終決戦進出者となった。ちなみに最終決戦ではM-1決勝では珍しい司会者いじりを取り入れたネタを披露した。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。

2005年後半には活動拠点を大阪から東京へ移動。

M1(2005年-)

2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)[5]に沈んだ。 敗因は山里曰く「稽古不足」[6]。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。 2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才ネタとは向き合い続けます!」と語っている。

2008年大会には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった[7]。山里はガチガチに緊張したと語っている。 後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしく、これにはしずちゃんも同調している[6]。2010年大会は出場を見送った。

ピンとして(2000年代後半)

WOWOW「落語家Xの快楽 シーズン2.0」で、三遊亭兼好に弟子入りし、「三遊亭兼便(けんべん)」を襲名し[8]、古典落語「宗論」に挑戦するなどといった活動のほか、2006年前後から、役者としての仕事もこなすようになり、テレビドラマ、映画などにも出演することが増えた。それに伴い、当初は本名もしくは「山里」のみで活動していたが、相方が「しずちゃん」というのに倣って、「山ちゃん」に改名された[9]。公式プロフィール上の名義も「山ちゃん」と表記されている[10]

2009年頃からは、しずちゃんがボクサーとしてロンドンオリンピックに出場することや、女優業に積極的で、山里もバラエティ番組に引く手数多であったため、南海キャンディーズとしての出演は劇場への舞台出演を除いて殆ど見られなくなり、それぞれピンでの活動が目立つようになった。 2000年代末期頃からはナレーターとしても活動している。 2010年4月21日から日本テレビ『密室謎解きバラエティ 脱出ゲームDERO!』で、ゴールデンタイムのレギュラー番組で初司会を務める(ただし、声のみの出演)。 なお、しずちゃんのロンドンオリンピックへの出場は無くなり、その後の2012年8月2日放送の『VS嵐』では嵐チームのプラスワンゲストとして久々に2人で出演している。

現在

2015年、しずちゃんがボクサーを引退。同年12月16日、『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)にしずちゃんがドラマの撮影先である岩手から中継でゲスト出演。未だにコンビでの単独ライブは行われていないが、コンビ2人で過去を振り返った後、2016年のM-1に向けて頑張ることを誓い合った。

2016年のM1グランプリは、準決勝敗退。準決勝で披露したネタは本来12分のものをギリギリ4分18秒に詰め込んだネタであったが(M-1の準決勝のネタ時間は4分)、観客の笑い待ちの時間を考慮しておらず、まさかの時間切れに終わる。なお、山里は時間切れで暗転した直後、思わず舞台上で「死んだ!」と大声で叫んだ。[11]


芸風

南海キャンディーズ

漫才

いつも無表情でシュールな山崎のボソッと語るボケを山里が戸惑うもどうにか理解してボキャブラリー豊かにツッコむスタイルである。

  • 二人揃って大きく両手を上に上げながら出てきて決めポーズ(山里が向かって顔だけ観客に向けて体を左に向いて腕組み、山崎は正面を向いて右手を右膝の上に乗せて右半身を前に出す)をし、山里が「ど〜も〜 南海キャンディーズでーす」、山崎が指で作った拳銃で観客席を狙い「バン」と発声したあと、山里が「いやー、セクシーすぎてごめんなさいね」という登場の仕方をする。
  • 漫才の終わりの大半はオチが終わると「あした順子・ひろし」の様に無言で頭を下げて終わる。
  • 結成当初は漫才の最後に千葉県出身の山里が大阪弁で「もうええわ」と言って終わっていたが、次第に標準語のみになっている。
  • M-1グランプリ2004年大会で審査員のラサール石井から「ひとつもはずさない」と評された[12]

コンビ名

先輩芸人であるザ・プラン9に相談し、「南海ホークス」というコンビ名を提示された。だが、野球に詳しくなく、行き詰まりを感じていたため、改名をさらに依頼。女の子の相方がいることで、「キャンディーズ」はどうかと提案され、「南海ホークス」と合わせ「南海キャンディーズ」に決定した。[13]

  • 山里はキャンディーズの伊藤蘭から名前をとり、一時期「門田ラン」として活動していた。[13]
  • 以前は可愛らしさを意識して、わずかな期間だけ「すずらん」という名前で活動していた。しかし、札幌吉本にもすずらんがいたために改名する事になった。
  • なお、芸歴はしずちゃんの方が1期先輩になるが、山里含め山里の同期はほぼ同期のように扱っている。また、吉本の古くからの慣わしで、芸歴が違うコンビ、トリオ、カルテットなどは先輩が後輩に降りるシステムを採るため、南海キャンディーズそのものは山里の大阪NSC22期扱いになる(ただし個人の芸歴には影響しない)。

コンビ愛

M1でのブレーク後、映画や色んなCMに呼ばれ活躍するしずちゃんに対し、ネタ作りをしていた山里は次第に嫉妬するようになった。 2006年くらいにはコンビ仲も最悪なものとなり、お互いに心を閉ざしていた。

しかしある時、山里が相方の愚痴を言っていると、先輩であるメッセンジャーあいはらに突然胸ぐらを掴まれて、「もう我慢でけん。えぇ加減にせぇよ!お前」と怒鳴られた。 聞くと、周りの先輩が山里の態度を非難するなか、しずちゃんは『私は、山ちゃんに拾ってもらったんで、解散は絶対にしません。山ちゃんはああ見えてても、ちゃんと私を演出してくれてるんです」と、ずっと山里をかばい続けていたという。

実際、映画のテロップや新聞、メディアに出る時は必ず”南海キャンディーズ・山崎静代”とクレジットされ、コンビ名は必ず外さなかった。 なお現在は南海キャンディーズ史上一番仲が良いとのこと。[14]

山里亮太

豊富なボキャブラリーに基づいた、レトリカルで新鮮な表現や言い回しが特徴である。「なんでだよ!」「どうしてだよ!」のようなありきたりなツッコミは少ない。[15]

  • 「やべーね、日本が銃社会だったら撃ってるぜ。」

なお、練りに練ったツッコミを1000パターン以上書いたメモを持ち歩き、現場の状況に合わせ、それら“テンプレート”の中から最適なツッコミを出しているという。[16] 山里曰く、「楽しくてしょうがないんですよ、言葉を考えていることが。趣味と実益を兼ねているって感じ」[17]

ただし、スピード感のある短いフレーズのツッコミでは、爆笑問題・田中や陣内智則に劣ると語っている。[18]

ラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』など

「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」は、2010年4月7日より続く長寿番組である。

  • ニッポン放送時代から伊集院光のラジオを聞いていたため、影響を受けているという。「一人しゃべりの最終形態として、素直に憧れます。」[19]
  • リスナーについては、「僕ってカウンターパンチャーだから、面白いことを言ってくれる人たちがいればいるほどそのぶん自分の打席も増えるし、そこを評価してもらってきたので、深夜にリアルタイムでネタを送ってくれる人たちはホントに有難いです」と感謝の辞を述べている。[19]

「追い風三等兵」

「追い風三等兵」としての芸風は特定のテーマについてホワイトボードを使ってレクチャーを行う。ニラに関する知識が豊富で、「体にいいお野菜」というテーマでは、「ニラ」の成分である「ニラトニン」について講義。本人曰く、芸風はケーシー高峰のレプリカであるという。

評価

  • オードリー若林正恭は山里の受け身からのツッコミを「マウントをとらせて下から関節を決める」と比喩している[20]
  • 「絶対に誰からも馬鹿にされていくというか、わざと下のポジションとっていく“マウントポジション取らせ芸”というか。視聴者含めてみんながツッコミの時代に、圧倒的に正しいですよね。道化師の最新化バージョン」(マキタスポーツ)
  • 「笑いの才能がなかったら死んだ方がマシ。笑いの才能だけが飛び抜けている」(ケンドーコバヤシ)

エピソード

コンビエピソード

  • 営業に行ったとき、「大女とおかまダンディーでおなじみの南海キャンディーズです」と紹介されたことがある[21]
  • 山里はコンビ結成後もネタを書いたノートを保管し続け現在は何十冊にも及ぶ。
  • 山里の愛称はコンビ結成当初はなかったが、山崎の「しずちゃん」に合わせて「山ちゃん」という通称がついた。

交友関係

  • baseよしもとに所属していた同期のネゴシックスや中山功太やとろサーモンの久保田、ダイアンの津田、先輩では千鳥の大悟と大変仲が良い。特に先輩である大悟にはとてもよく可愛がられていてこのメンバーと共に「大悟組」に所属している。また、ネゴシックス、オオカミ少年の片岡、R藤本といったメンバーの「山里軍団」も存在しており、テレビ東京『ゴッドタン』やTBSラジオ『山里亮太の不毛な議論』等の番組に出演している。

趣味

  • 2013年上期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の熱烈なファンである。本人曰く「朝ドラは今まで観たことがなかったが、『あまちゃん』は最初から観た」とのこと。独自で同作の続編プランも持っている[22] [23]
  • アイドルが好きであり、アイドルと番組で共演し、公私混同をするために芸人になった。
  • AKB48の大ファンであることから、AKB48出演番組のMCを務めることが多い。2010年9月21日に日本武道館で開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』では手袋を装着し[24]じゃんけん主審を務め[25]、その後2012年の同イベントまで3年連続で主審を務めた。一番の「推しメン」(個人的に推しのメンバー)は渡辺麻友であり、AKB48劇場の関係者席で観覧していることを明かす。また『G.I.ゴロー』のメンバーが次々にステージに上がる中、「(AKB48の)神聖な場所なので上がることができない」として一線を引いていた。なお、渡辺自身は山里を好意的に見ており、渡り廊下走り隊の公式ブログには山里と一緒に撮影された写真が掲載されることがある。なお、二番推しは自分自身を過小評価している増田有華[26]
  • プロレスに造詣が深く、度々プロレス関係のイベントに登場している。2016年8月28日には実際にDDTプロレスリングの両国大会でアイアンマンヘビーメタル級王座の第1170代チャンピオンにも就いている[27]

その他

  • 千葉県千葉市花見川区出身だが、東京にも吉本興業があったことを知らず、漫才がやりたくて関西大学に入った。関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の全てを受験したが、合格したのは関西大学だけだった。大学受験時の予備校は東進ハイスクール千葉校であった。
  • ラフォーレ原宿でトークイベント(『よしもと秋の文化祭 in ラフォーレ原宿 不毛な議論』)をやった際に、お客さんが30人という伝説を作った。[28]
  • 「よしもとブサイクランキング」に殿堂入りしている。2007年には、「過去、吉本でブサイク殿堂入りしている130Rのほんこん、フットボールアワーの岩尾望はルックスが突出していた。その点、今年の王者は違う、総合的にブサイクだ」と書かれた[29]

受賞歴

南海キャンディーズ

  • 「ABCお笑い新人グランプリ」(第25回(2004))優秀新人賞
  • 「上方漫才大賞」(第40回(2005))優秀新人賞
  • 「ゴールデンアロー賞」(第43回(2005))新人賞
  • 「オートバックスM-1グランプリ2004」(第4回)第2位
  • 「オートバックスM-1グランプリ2005」(第5回)第9位
  • 「オートバックスM-1グランプリ2009」(第9回)第8位

山ちゃん

  • 「よしもとブサイクランキング」(第6回(2005))第8位
  • 「よしもとブサイクランキング」(第7回(2006))第1位
  • 「よしもとブサイクランキング」(第8回(2007))第1位
  • 「よしもとブサイクランキング」(第9回(2008))第1位(殿堂入り)

出演

南海キャンディーズ

映画

  • 「ラブ★コン」松竹

書籍

  • 「南海キャンディーズの言うたらアカン!英会話」スパイスファクトリー
  • 「南海キャンディーズのハート泥棒 アイドルに恋して」集英社

ドラマ

  • NTV「24時間あたためますか?~疾風怒涛コンビニ伝~」

音楽

  • 「チェリートレイン」トイズファクトリー
  • 「TKプロジェクト ガチコラ」よしもとアール・アンド・シー

DVD

  • 「baseよしもと ネタトウタ2007」よしもとアール・アンド・シー
  • 「子ぎつねヘレンとゆかいな仲間たち」よしもとアール・アンド・シー
  • 「本番で~す!第二幕」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 07」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08」よしもとアール・アンド・シー
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08 OSAKA」よしもとアール・アンド・シー

山ちゃん

映画

  • 「かずお」吉本興業/監督・脚本・主演
  • 「ゆびみず」吉本興業
  • 「日の出アパートの青春」吉本興業
  • 「バカロボ2007」吉本興業
  • 「偉大なるエルガー」吉本興業/監督
  • 「トミカヒーロー レスキューフォース爆裂MOVIE」松竹
  • 「オンナゴコロ」Breath、GPミュージアムソフト

書籍

  • 「天才になりたい」朝日新聞社
  • 「はじめてのグラビア。YGA写真集」ワニブックス/責任編集

ドラマ

  • CX「まるまるちびまる子ちゃん」
  • TX「去年ルノアールで」

DVD

  • 「バトルオワライヤル」よしもとアール・アンド・シー
  • 「水野キングダム」よしもとアール・アンド・シー
  • 「メッセ弾 初ネタ演芸ショー編」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ユニットコントライブ 六人の侍」よしもとアール・アンド・シー
  • 「侍チュート!コント×コント×コント」よしもとアール・アンド・シー
  • 「ひーはー」よしもとアール・アンド・シー
  • 「コバヤシケンドーのすべらない話」よしもとアール・アンド・シー
  • 「キングコングのあるコトないことDVD~芸人オールスター戦・1回戦~」よしもとアール・アンド・シー
  • 「やりすぎコージーDVD28 明るい所ではしゃべれない天王洲猥談 第3談」よしもとアール・アンド・シー

舞台

  • 「カーテン」/脚本
  • 「“新春初笑い!笑って笑って60分”の裏で…」/ゲスト出演




出典

  1. http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-2900.html 「たまむすび」2013年12月03日放送
  2. [1]山里亮太が語る南海キャンディーズ結成秘話「この子と組めば絶対に売れると確信したボケ」 | 後世に残したいラジオの話]
  3. 南海キャンディーズ結成の経緯 - 笑いの飛距離
  4. 4.0 4.1 4.2 南海キャンディーズ結成の経緯 - 笑いの飛距離
  5. 松本人志以外の6人の審査員から最低得点を付けられた。
  6. 6.0 6.1 「M-1完全読本2001-2010」のインタビュー
  7. 審査員のオール巨人、中田カウスからは最下位(9位)となったハリセンボンよりも1点低い「84点」、「88点」を付けられた一方で、東国原英夫からは優勝したパンクブーブーよりも1点高い「89点」を付けられ、審査員の間でも大きく評価が分かれた。
  8. TBSラジオ山里亮太の不毛な議論ブログ「2011年03月09日の不毛」より
  9. baseよしもとオフィシャルFANクラブ会報「basement press」より
  10. 参考:『TVスター名鑑2011』、吉本興業公式サイト内プロフィール、Yahoo人物名鑑
  11. 山里亮太、M-1準決勝で漫才の最中に時間切れで「死んだ!」と叫んでしまったと告白「心からの声だったの」 | 世界は数字で出来ている
  12. 「お笑いタイフーンvol.11」(エンターブレイン)
  13. 13.0 13.1 『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)2015年12月16日放送
  14. 南キャン・山里「不仲だった南海キャンディーズ」 | 世界は数字で出来ている
  15. M-1グランプリ2009 9組のやったこと(前編) | サンキュータツオ教授の優雅な生活
  16. http://top.tsite.jp/news/book01/o/25397305/ ネタの接続詞1つにもこだわる―南キャン山里が“天才”に近づくまでのストイック過ぎる道のり [T-SITE]
  17. http://news.mynavi.jp/news/2015/08/20/307/ 山里亮太のMC力を中居絶賛! キスマイ千賀も「アーティストみたい」と尊敬 | マイナビニュース
  18. 山里亮太、短いフレーズのツッコミでは爆問・田中や陣内智則に勝てないと認める「俺って長ったらしいじゃん」 | 世界は数字で出来ている
  19. 19.0 19.1 南海キャンディーズ・山里亮太さんに聞くラジオ論 「ラジオって面白いなと気づいてほしい」 | ガジェット通信
  20. “たりふたJAMが「山里関節祭り」に決定”お笑いナタリー (2014年8月11日). 2016年11月10日閲覧。
  21. [http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_04/g2007040409.html しずちゃん売れっ子に…僕の器がデカくなければ解散
  22. 『スポーツ報知』2013年9月29日付
  23. 南キャン山ちゃん、“潮騒のメモリーズ”との極秘会食に呼ばれて泥酔……キョンキョンに絡む RBBTODAY,2013年10月3日
  24. 素手でAKB48メンバーに触るとクレームがくるとのことで手袋を用意したと語っている。
  25. 「AKB48 :じゃんけん選抜 総選挙圏外の内田眞由美が優勝 大島1回戦敗退の“下克上”」 毎日新聞社『まんたんウェブ』 2010年9月21日
  26. 「別冊宝島AKB推し。推し認定書」より
  27. DDT公式ホームページ 2016.11.10閲覧
  28. 山里亮太[南海キャンディーズ](Rooftop2014年7月号) - インタビュー | Rooftop
  29. ロシア美女で大金星…南海キャンディーズ山里亮太(2)