山名文和(アキナ)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

山名 文和(やまな ふみかず、1980年7月3日(36歳) - )は日本のお笑い芸人お笑いコンビアキナのボケ担当。血液型A型、身長171cm、体重60kg、靴のサイズ27cm。大阪NSC26期生。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。

来歴

デビュー前

滋賀県東近江市出身。滋賀県立彦根東高等学校卒業、名古屋外国語大学中退。

NSC時代

大阪NSC26期生として入学。同期はかまいたち、藤崎マーケットなど。 当初は現「アインシュタイン」の河井ゆずると「河井山名」というコンビで活動していた。

ソーセージ時代(2008年 - )

その後、2008年6月藤本聖(現・ジュリエッタ)を含めた「ソーセージ」というトリオで活動を始める。 2011年に開催された『第32回ABCお笑い新人グランプリ』では優秀新人賞を受賞。同年4月から9月まで、深夜の生バラエティ番組『真夜中パンチィ』(のち『やかせて!ソーセージ』(毎日放送))のMCに抜擢される。 若手トリオとして、"東のパンサー、西のソーセージ"と呼ばれるほど、期待された新人であった。

しかし、2012年7月2日、藤本が藤本が元交際相手の女性を暴行したとして逮捕され、無期限謹慎処分となる。山名と川西も2ヶ月間の自宅謹慎を余儀なくされる。 メンバーで協議を行った結果、2012年10月15日をもって「ソーセージ」は藤本が自主的に脱退する形で解散。

アキナ(2012年 - )

その後、山名と秋山の二人でコンビを結成し、「アキナ」に改名して活動を継続する事となった[1]。 コンビ名の由来は、二人の名字「秋山(アキヤマ)」と「山名(ヤマナ)」から。

その後、一からオーディションライブを経て、5upよしもとのレギュラーメンバーに昇格[2]

また、2012年10月より、アキナ、和牛、アインシュタインの3組でユニットライブ「アキナ牛シュタイン」を開催[3]

5upよしもとに出演していたが、2014年2月に卒業。

2014年、2015年と2年連続でキングオブコント決勝に出場。なお、2014年7月の単独ライブの取材では「僕ら今年、『キングオブコント』の決勝に行くんです」と事前に公言しており、有言実行となった。[4]

芸風

「ソーセージ」時代同様にコントがメインだが、漫才も行う。なお、アキナのコントを言葉で表現するなら?と問われ、山名は「哀愁、切ない」と答えている。[5]

  • ネタ作成は二人で行うが、メインは山名[2]
  • 謹慎期間を経て、ネタの趣向も以前より穏やかなものに変わっていったと語っている[2]

エピソード

  • 「金曜★ロンドンハーツ」で後輩芸人のゆりやんレトリィバァから真剣告白を受けた。[3]
  • 謹慎中、ネタ作りに生かそうとギターを買うも、3日でやめてしまった[2]
  • 坊主である
  • 趣味は読書、映画鑑賞
  • 墓参りが上手
  • 特技は少林寺拳法(小学校6年、県大会2位、1級)

受賞暦

  • 2013年 MBSラジオ演芸 第1回ヤングスネーク杯 優勝[6]
  • 2013年 第34回ABCお笑いグランプリ 準決勝進出
  • 2013年 第11回MBS漫才アワード 第3位
  • 2014年 キングオブコント 決勝進出
  • 2014年 THE MANZAI 決勝進出 第3位
  • 2015年 第45回NHK上方漫才コンテスト 優勝
  • 2015年 キングオブコント 決勝進出
  • 2016年 M-1グランプリ2016 決勝進出

出演番組

テレビ

  • オールザッツ漫才(MBSテレビ) - Footcutバトル
  • 笑い飯・千鳥の舌舌舌舌(サンテレビ)
  • 熱血!人情派コメディ しゃかりき駐在さん(ABCテレビ、2013年2月3・10・24日、3月3・24日) - 前説兼任で出演
  • 笑い飯のおもしろテレビ(サンテレビ)
  • すごろけ!〜ギャラ争奪!大阪一周ルーレットバトル〜(関西テレビ、2013年9月22日) - すごろく芸人
  • もってる!? モテるくん(読売テレビ、2013年10月5日 - 2014年3月29日)
  • せやねん!(MBSテレビ、2014年6月7日 - ) - 第2部不定期出演→第2部月1回レギュラー→第2部隔週レギュラー
  • キャスト(ABCテレビ、2016年4月4日 - ) - 「アキナの2日目のアレいただきます。」→「月曜日のアキナたち ここよりおいしいアレいただきます」リポーター

ラジオ

  • 笑い飯の金曜お楽しみアワー(MBSラジオ)
  • ハンドレッドレディオ 第2部 中張又張・アキナのクール番長(MBSラジオ、2013年7月4日 - 9月26日)
  • オンスト(YES-fm、2013年10月7日 - 2014年3月31日) - 月曜日
  • アキナ・大吉洋平の「週刊ヤングマンデー」(MBSラジオ、2015年3月30日 - 2016年3月21日)
  • 週刊ヤングフライデー(MBSラジオ、2016年4月1日 - )

DVD

  • アキナ(2015年8月5日)[7]

脚注

出典

  1. ORICON STYLE (2012年10月15日). “メンバー不祥事のソーセージが解散 新コンビ「アキナ」で再始動” 2016年11月24日閲覧
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 月刊アキナ | よみもの | ケータイよしもと
  3. 3.0 3.1 よしもとニュースセンター : チケットが完売しなければ和牛・水田に改名の危機!「アキナ牛シュタイン」総動員数1万人達成記念ライブをメルパルク大阪で開催
  4. 月刊アキナ | よみもの | ケータイよしもと
  5. 月刊アキナ | よみもの | ケータイよしもと
  6. MBSラジオ演芸 ヤングスネーク杯
  7. “アキナ初DVD「アキナ」収録コント発表、予約者と写メ撮影会も”. お笑いナタリー (2015年5月15日). 2016年11月24日閲覧