大久保佳代子(オアシズ)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

大久保 佳代子(おおくぼかよこ 1971年5月12日-)は、お笑いコンビ『オアシズ』のツッコミ担当。

来歴

子ども時代

1971年愛知県田原市生まれでサラリーマンの父を持つ長女として育った。 幼いころは男子が好きだったが、超シャイな性格であだ名は「カバ子」だった[1]。。

小学校で2人が出会う。そのため相方光浦とは7歳からの付き合いとなる[2]。ただし小学校時代の2人はクラスは別々でまだ仲良くなっていなかった。

光浦からの第一印象は「大久保は変な顔しているな」であった。小学生の頃からうっすらヒゲが生えていたそう。写真を見た雨上がり宮迫曰く、谷村新司似[2]

その後、愛知県立成章高等学校に進学。 高校で一緒の女子グループになり、ブスが8人の集団で男子との交流が3年間一切なしの生活を送る[2]。 当時は大久保を筆頭に、「マエウシロ教」という前と後ろの陰部の匂いを嗅ぐという一発ギャグなどをして遊んでいた[2]

上京

高校3年生になると東京に憧れを抱くようになり、光浦は東京外国語大学に進学、大久保は千葉大学に進学した。2人共東京の華やかな大学に馴染めず、心を許せるのはお互いだけだったという[1]

21歳のとき、光浦が大久保を誘い早稲田大学のお笑いサークルへ入った。最初は裏方を志望していたという。

コンビ結成(1992年-)

ブッチャーブラザーズのぶっちゃあのアドバイスもあり、オアシズ結成。

コンビ名の由来は先輩芸人の「東京オアシス」から拝借し、そのまんまではマズいだろうと名前に濁点を入れてオアシズ(オアCズ)とした。

若手時代(1992年-)

デビュー後すぐに、フジテレビの「新しい波」のディレクターに「ブスとブスって新しい」と才能を見出され、 テレビ番組『新しい波』にコンビで出演。

OLと芸人の二足のわらじ

しかし光浦は笑えるブスだが、大久保は笑えないブスという理由により、翌年光浦だけが『とぶくすり』レギュラーに選ばれた。結果、コンビとしての活動は事実上停止。大久保は事務所に所属したまま、OLとして働いていた。

OL時代はコールセンターでの顧客対応業務であった。何でも小器用にこなすため、気づいたらスーパーバイザーという役職がつき、新人研修を担当したりするなど、OLは14年間続けた[3]

なおこの経験について"お笑いがダメでも私にはOLの道がある"と思えることがかえって支えとなり、精神的にも楽だったという。「たまにテレビに出て失敗しても、『半分、素人なんで』とやり過ごせるじゃないですか。OLという逃げ道があったから、お笑いの道をあきらめずに済んだのかもしれません」と前向きに語っている[3]

本格復帰

1999年9月18日放送の『めちゃ2イケてるッ!』にて、レギュラーである光浦の相方である大久保の芸能界復帰記者会見(大久保が加藤浩次と結婚するというダマシ企画)を行い、2000年11月には同番組の中でコンビ活動再開を発表した。大久保はその後、同番組に不定期出演することになり、2012年現在、2人とも同番組のレギュラー出演者である。なお、大久保は2009年までOLを続けていた。

ブレイク

テレビの仕事はほぼ『めちゃイケ』のみの時期が続くが、その後『くりぃむナントカ』などで頭角を現し、光浦とコンビのほかに、ピン仕事のオファーも増えていく。

2013年には最もブレイクしたタレント1位に選ばれるなど、女芸人として不動の地位を獲得する[4]

2015年「FNS27時間テレビ」ではマラソンランナーに選任される。

芸風

オアシズ(コンビ)

コントをメインとしている

  • 立ち位置は、光浦が左。大久保が右となっている。

大久保佳代子(ピン)

  • 下ネタや鋭いコメントでピンで活躍。

エピソード

人物エピソード

  • お酒が大好き。夢は池尻・三軒茶屋あたりで呑み屋さんをひらく事[2]
  • 芸能活動の傍らOLとしての仕事も続け、クレームを受け付ける電話番を週2日程度14年勤めていたが、2010年8月をもって退社したことを、同年11月20日放送の『めちゃイケ』において告白している。退職のきっかけはマンションのゴミ置き場に行こうとしたら、ゴミを持ったまま無意識でマンションの外に出ていくほど疲れきっていたことである。
  • 特技は暗算。
  • 挨拶程度の中国語を喋ることができる。
  • 野球では地元愛知の中日のファンである。
  • 長年Dカップと公表していたが、実はEカップと告白した。(「女芸人!春の決起集会2016より」
  • 母親は今の大久保にそっくり[2]
  • 愛犬の名はパコ美[5]
  • 影響を受けた本は、レイモンド・カーヴァー(村上春樹訳)の短編集『愛について語るときに我々の語ること』[6]

コンビエピソード

  • お互いをさん付けで呼ぶ。理由は、2人の誕生日がたった8日しか離れていないのと、大学時代光浦に彼氏を紹介した大久保自身が、光浦の彼氏を奪ってしまって以来、2人の関係がよそよそしくなってしまったからである。

恋愛エピソード

  • 子ども時代、好きな男子をずっと見ていたら、砂消しゴムを投げられた[1]

出演

オアシズ

テレビ

  • 「めちゃ2イケてるッ!」毎週土曜日19:57?20:54 フジテレビ
  • 「ミッドナイトランブラー」JFN

著書

  • 「お前より私のほうが繊細だぞ!」(幻冬舎文庫)
  • 「男子がもらって困るブローチ集」(スイッチパブリッシング)
  • 「子供がもらって、そうでもないブローチ集」(スイッチパブリッシング)
  • 「美女のたしなみ」(徳間文庫)
  • 「不細工な友情」(幻冬舍)
  • 「ミツウラの鳴らない電話」(文春文庫PLUS)

大久保佳代子

テレビ

  • 「金曜日の聞きたい女たち」19:00~20:00 フジテレビ
  • 「7時にあいましょう」毎週月曜日19:00~19:55 TBS
  • 「旅ずきんちゃん」毎週日曜日23:30~24:00 TBS
  • 「マスカットナイト」毎週水曜26:35~27:05 テレビ東京
  • 「ゴゴスマ」毎週月曜日13:55~15:58 ※東海ローカル(TBSでは13:55~15:51) CBC
  • 「ゴチャ・まぜっ天国」毎週木曜日23:30?24:00 MBSラジオ
  • 「イイ女の条件」 フジテレビプラス
  • 「有吉反省会」毎週土曜日23:30?23:55 日本テレビ

映画

  • 「嫌われ松子の一生」
  • 眠れる森の美女役

舞台

  • 東京タンバリン「ダイヤモンド」 
  • 明日図鑑「スペースフラワー」

連載

  • 「POPEYE」『秘め事めくり』マガジンハウス
  • 「Marisol」『食とエロス』集英社

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 「誰だって波瀾爆笑 」オアシズ…大久保佳代子&光浦靖子の自宅公開&私生活に密着!2016年8月21日(日) 放送回
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 「アメトーク」39(サンキュー)オアシズ姐さんを観る
  3. 3.0 3.1 vol.135 お笑い芸人(オアシズ) 大久保佳代子 逃げ道が心の支えに / 朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File
  4. ブレイク芸人ランキング2013
  5. 「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ)2016年8月21日
  6. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「myn」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません