土屋伸之(ナイツ)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

土屋伸之(1978年10月12日-)は、日本のお笑い芸人であり、お笑いコンビナイツのツッコミ担当。身長179cmで体重78kg。血液型はAB型。

略歴

  • 1978年3月27日、東京都で生まれる
  • 1997年、創価大学入学
  • 2000年、コンビ結成
  • 2001年-2010年、「M-1グランプリ」出場
  • 2003年、漫才新人大賞大賞受賞
  • 2008年、NHK新人演芸大賞大賞受賞
  • 2011年、THE MANZAI 2011 決勝Aブロック3位・最終決戦2位
  • 2013年、文化庁芸術祭優秀賞

来歴

子ども時代

1978年3月27日、東京都に生まれる。母親は演歌歌手の津島明希である。おばあちゃん子であった。

高校卒業後、創価大学に入学。大学時代は公認会計士を志し、勉強に傾倒していた。1日8時間勉強していたという。しかし、なかなか結果が残せずにいた頃、大学の落語研究会のライブを観に行き、勉強のストレスが癒されたことがきっかけで落語研究会に入る。 そこで、現在の相方であると出会う。なお、塙の第一印象については、「真面目。鬼のように厳しい先輩だった」と振り返っている。

落研では「山銭」というコンビでコントを中心に活動していた。ちなみに、コンビ名の山銭は、当時部長であった塙が命名した。大学4年生の頃、就職活動中にに「芸人にならないか?」と誘われ、芸人を志した。所属事務所はマセキ芸能社で、土屋の母が以前所属していたことが縁で入社した。[1]

若手時代

売れない時代には自腹を切って、中野区の集会所を借り定期的にネタを披露していたという。[2]

2001年から「M-1グランプリ」に参加しているが2007年までは結果を残せなかった。 漫才が行き詰まっていた時、電気グルーヴの音楽やラジオ番組に大きく影響を受けたという。は「僕らの漫才って、テクノなんですよ。ポン・ポン・ポン・ポン・ポン・ポン・ポン・ポンみたいな漫才じゃないですか?ボケがずーっと」と解説。「瀧さんがいなかったらあの漫才はできていない」と述べている。[3]

ヤホー漫才

2008年にナイツの代名詞となる「ヤホー漫才」が完成し、同年の「M-1グランプリ」では決勝進出を果たした。以後、3年連続で決勝進出を果たす。

また、2007年に最年少で漫才協会の理事に就任。漫才協会加入当時、土屋伸之は「浅草は知らない人ばかりだし、地獄だと思った」と回顧している。[4]

2009年3月、一般女性と3年間の交際を経て、結婚。相手の女性は元六本木のNo.1ホステスで、出会いは土屋が彼女の送迎ドライバーを担当していたことであった。恐妻家で「携帯を何本も折られている」と明かしている。[5] 2010年に長男が誕生し、2012年には長女が誕生。[6]

芸風

ナイツのネタは、「が調べた辞書的情報を言い間違えて、ズラし、土屋がツッコミながらのボケを訂正する」というシンプルな構造である。

最初は一般的な漫才や自分が好きな野球ネタを披露していた。2007年に3分間で100個ボケられるかを独演会で試したことをきっかけに、現在のスタイルであるが言い間違いのボケをし、土屋がそれを訂正するようにツッコむスタイルに変化した。[7]

お互いをなじりあったり、自分の理屈で応酬したりする『しゃべくり漫才』を踏襲していながら、実は「会話」をしていないというスタイルはナイツが発明した。は一方的にボケつづけ、土屋も基本的にコメントしているだけである。[8]

ナイツの漫才は、これ以上ボケを入れられない、というほどの密度とスピードを実現している。3分半で35ヵ所以上のボケは、『M-1グランプリ』の歴代優勝者と比較しても勝る、驚異的な数字である。[8]

2010年以降は自分たちの実話をネタとした漫才や時事ネタの漫才を中心としている。例えば、土屋の嫁の恐妻ぶりを元にネタを作っている。また、他の芸人が触れないようなタブーを果敢にネタとしている。 ナイツは正統派の漫才師と称賛される一方で、過激な下ネタをネタにした漫才が少なくない。

エピソード

  • 生まれた時の体重は4420グラム。
  • 3人きょうだいの長男。妹が2人いる。
  • 絵がかなり上手い。
  • 優柔不断な性格。
  • 特撮ヒーローものが大好きだった。とりわけウルトラマンが好き。
  • 中1の時、既に身長が170㎝あった。
  • 超低血圧。視力が非常に悪い。特注のコンタクトレンズを使う。
  • はっきりとしたリアルな寝言を言う。
  • 好きなテレビゲームは「ウイイレ」「DS版実況パワフルプロ野球」。
  • 自宅のベランダの室外機の裏に鳩が巣を作って卵を産んだことがある。
  • 競馬が好き。楽屋で競馬馬の絵を描く。将来馬主になりたいと思っている。
  • 両親がナイツのスケジュールを親戚や知り合いにFAXで告知してくれる。
  • 母親がカラオケパブで働いている。

恐妻家

  • 好きなタイプは強気な女性。
  • 妻に交際を申し込んだ時に「2年たって売れていなかったら別れるから」と言われた。
  • 妻から仕事に関して厳しくダメ出しされる。
  • 妻は節約家。トイレットペーパーは2めもり、ハンドソープは半プッシュなど細かいルールがある。
  • 家計は妻が管理している。[9]

受賞歴

  • 2003年 漫才新人大賞大賞受賞
  • 2007年 M-1グランプリ準決勝進出
  • 2008年 お笑いホープ大賞大賞受賞
  • 2008年 NHK新人演芸大賞大賞受賞
  • 2008年 M-1グランプリ 決勝3位
  • 2009年 東京スポーツ第9回ビートたけしのエンターテイメント賞 日本芸能大賞
  • 2009年 浅草芸能大賞新人賞受賞
  • 2009年 M-1グランプリ 決勝4位
  • 2010年 東京スポーツ第10回ビートたけしのエンターテイメント賞 日本芸能大賞(オードリー、U字工事、東京03も同時受賞)
  • 2010年 M-1グランプリ 決勝6位
  • 2011年 THE MANZAI 2011 決勝Aブロック3位・最終決戦2位
  • 2013年 文化庁芸術祭優秀賞
  • 2015年 M-1グランプリ準決勝進出


代表作

テレビ

  • マツコ&有吉の怒り新党(テレビ朝日、2011年1月14日-)ナレーション担当
  • ナイツのHIT商品会議室(チバテレ、2011年1月14日)
  • 爆笑オンエアバトル 戦績3勝7敗 最高477KB
  • 爆笑レッドカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「ベテラン風、若手漫才」→「浅草の一番星」
  • アメトーーク!(テレビ朝日)不定期出演
  • ロンドンハーツ(テレビ朝日)
  • まめサタ(テレビ静岡)
  • 水曜日のダウンタウン(TBS)不定期出演

ラジオ

  • 清水ミチコのラジオビバリー昼ズ(ニッポン放送、木曜レギュラー)
  • 土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送(TBSラジオ、2015年10月3日-)

DVD

  • ナイツのヤホーで調べました(2008年12月3日、ビクターエンタテインメント)
  • 21世紀大ナイツ展(2009年2月25日、ビクターエンタテインメント)
  • ナイツの未来を開くチカラ!(2010年、シナノ企画)
  • ナイツ独演会(2010年12月29日、コンテンツリーグ)
  • ロケット団・ナイツ・Wコロンライブ「浅草三銃士」(2011年1月26日、コンテンツリーグ)
  • ナイツ独演会 其の二(2012年1月11日、コンテンツリーグ)
  • ナイツ独演会 〜浅草百年物語〜(2013年1月23日、コンテンツリーグ)
  • 中川家×サンドウィッチマン×ナイツ「漫才サミット〜実力派漫才師・ 笑いの頂上会談〜」(2013年5月29日、よしもとアール・アンド・シー)
  • ナイツ独演会 主は今来て今帰る。(2014年1月22日、コンテンツリーグ)
  • 二人対談(2015年1月28日、コンテンツリーグ)
  • ナイツ独演会 顎を引いて頑張れ。(2016年1月27日、アニプレックス)

  • ナイツのヤホーで調べました(2009年4月30日、竹書房、ISBN 4812438187
  • ナイツの勘違い時事相談(2010年7月16日、竹書房、ISBN 4812442958
  • ナイツの言い間違いで覚える日本史(2013年7月9日、学研パブリッシング、ISBN 4054057446

CM

  • 株式会社ラルズネット(不動産★連合体)
  • 平成観光(KEIZ)
  • 興和
  • キリンビバレッジ(FIRE neo)
  • 弁護士法人アディーレ法律事務所(「頭の中は借金でいっぱい」編)
  • ワイモバイル (塙のみ。ナレーション)
  • ヤマダイ(ニュータッチ ラジオCM)
  • 眼鏡市場


脚注

出典

  1. 『お笑いポポロ』(麻布台出版社、2008年5月号)
  2. お笑い ナイツの裏話(ヤホー): ナイツ(お笑い芸人)ヤホー
  3. ナイツ塙宣之が電気グルーヴからの影響を告白「僕らの漫才はテクノ」 - ライブドアニュース
  4. ナイツ 漫才協会加入当時を振り返り「地獄だと思った」と告白 - ライブドアニュース
  5. ナイツ土屋伸之の恐妻家ぶりに驚き「携帯電話を何本も折られる」 - ライブドアニュース
  6. 「チューボーですよ!」(2009年3月7日放送)
  7. 2009年2月8日放送回『おしゃれイズム』(日本テレビ系)より。
  8. 8.0 8.1 サンキュータツオの芸人の因数分解 GetNavi特別編集
  9. [1]有名人データベース