古坂大魔王/ピコ太郎

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

古坂 大魔王(こさか だいまおう、1973年7月17日 - )は、日本のお笑いタレント、DJ。NBR(元ノーボトム!)のメンバーで『ピコ太郎』名義での音楽活動も行っている。本名、古坂 和仁(こさか かずひと)。身長186cm、体重85kg。

略歴

  • 1973年7月17日、青森県で生まれる。
  • 1992年、青森県立青森東高等学校卒業
  • 同年、日本映画学校入学
  • 同年、お笑いトリオ「底ぬけAIR-LINE」結成
  • 1997年、村島亮が脱退
  • 2003年、「NO BOTTOM!」結成
  • 2005年、「底ぬけAIR-LINE」解散
  • 同年、ホリプロコムを退社
  • 2008年、「NO BOTTOM!」から「NBR(New Bushido Ravers)」に改名
  • 2016年、古坂演じるピコ太郎の動画「PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)」が世界的大ヒット

来歴

1973年7月17日、青森県青森市生まれ。生徒時代はブラスバンド部に所属していた。 18歳の頃からお笑いコンビ「底ぬけAIR-LINE」として活動を始める。同期にはくりぃむしちゅーなど。

ボキャブラ天国』に出演し「ボキャブラー」として人気を博す。ピーク時にはレギュラー番組を5本抱えるなど順調な芸能生活を送る。

また音楽にも造詣が深く、24歳の頃から小坂がリーダーとなり「ノーボトム」というインディーズバンドを結成。お笑いと並行して、相方含め5人で音楽活動を続ける。

音楽活動時期

2003年9月からは真剣に取り組みたいとの気持ちから音楽活動のみに専念する。[1] 2005年10月11日にホリプロコムを離れ、ユニットもNBR(NEW BUSHIDOU RAVERS) に改名。 NBRとしてクラブイベントプロデュースや、個人でもmihimaru GTのアルバム・ライブツアー参加の他、鈴木亜美などの楽曲リミックスを手がけている。

くりぃむしちゅー・上田晋也と仲がよく、2005年には上田とのコンビでラジオパーソナリティを担当。2006年からは上田の冠番組『上田ちゃんネル』(CSチャンネル)にレギュラー出演している。 しかし2008年からは、音楽活動での行き詰まりから、ピン芸人「古坂大魔王」としてのお笑い活動を本格的に再開する。

タモリのボキャブラ天国 大復活祭スペシャル』に出演した際は元u-turnの土田晃之とコンビを組んでネタを披露した。

2010年3月13日、古坂大魔王の単独お笑いライブ「いいえ!昔っからメンドクサイ男です!」を開催。

2011年9月5日に『しゃべくり007』に出演し「楽屋芸」が取り上げられ [1]、同年9月10日から「関ジャニの仕分け∞」でゴールデンタイムで初の進行役を務める。

「PPAP」のヒット

2016年8月には”謎の千葉県出身シンガー・ソングライター「ピコ太郎」”として「ペンパイナッポーアッポーペン」を公開。[2]

若者に人気の動画SNS「MixChannel(ミックスチャンネル)」などでインフルエンサーが次々に動画をアップし始める。Youtubeでの再生回数が1000万回を突破、ジャスティン・ビーバーが自身のツイッターで「お気に入り」と紹介するなど、世界的に話題になる。

渡辺直美とともに、2016年『第67回NHK紅白歌合戦』に出演することが決定した[3]

芸風

芸人が一番笑う芸人」と評され、芸人仲間など芸人ウケが高い。明るい性格で、楽屋でもずっと笑わせているという。くりぃむしちゅーと共演した時は待ち時間の8時間ずっと笑わせていたこともあるほど。[1]

爆笑問題の田中によれば、古坂は「楽屋真打の代表選手みたいな人」であり、「楽屋では誰よりも皆を笑わせるんだけど、本番ではそれを一切発揮できない」とも語っている。よくするネタは”和田アキ子をテーマにしたモノマネの指導”など。 

音楽

  • もともと出身が青森であり「ねぶた祭り」に影響を受け、ノーボトム時代には日本の”祭り”と”テクノミュージック”を融合させた音楽を追求していた。[1]
  • ロンドンでバンドデビューするため700万の資金を求め、資金調達バラエティ『マネーの虎』に出演したことがある。「お笑い」や「音楽」という垣根を超えた”エンターテイナー”として活動したいという思いがあり、「世界をびっくりさせたい」と語っていた。[1]

 「ペンパイナッポーアッポーペン」(ppap)について

  • 全身虎柄のコスチュームでパンチパーマ、グラサンという風貌と、中毒性の高いフレーズが世界中で話題を呼んでいる。
  • TIME誌は、韓国のコメディアンPSYがYouTubeで26億回以上の再生回数を記録し、世界的に大ヒットした「江南スタイル」(Gangnam Style)に続く作品と報じた。
  • イギリスのBBCは、「やみつきになるビート、しょうもない歌詞、そして笑えるシンプルなダンスの繰り返しという、拡散するビデオの要素をすべて備えている」と紹介 [4]

エピソード

 幼少時代

  • 小学校6年生の時に、身長170cm、体重100kg、靴のサイズは28cmだった。当時のあだ名は「0.1トン君」だった。
  • 中学時代に、自身のエロビデオが母親に見つかり、夕食時に家族の前で食卓に置かれたことがある。
  • 兄弟喧嘩をすると母親にスタンガンで失神させられた。[5]

 人間関係

  • 同期のくりぃむしちゅー上田とは大変仲が良い。小坂が売れなくなりテレビも仕事もほとんどなかったころ、小坂はCSの番組を担当していたが、スポンサーがいなかった。すると上田は「小坂の面白さを伝えたい。おれがスポンサーになるよ」と上田自らスポンサーを買って出たという。[1]
  • 爆笑問題の田中とは温泉に行くほどの仲である。

出演作

現在のレギュラー番組

 テレビ

  • 上田ちゃんネル(テレ朝チャンネル)
  • ひるブラ(NHK)- 不定期レポーター
  • あらあらかしこ(仙台放送)

 ラジオ

  • ニッポン放送 古坂大魔王 アソナビ40分
  • FM NACK5 The Nutty Radio Show おに魂
  • ニッポン放送 古坂大魔王のアイドル倶楽部

過去のレギュラー番組

 テレビ

  • サライデーパーティ (テレビ東京、2006年1月12日 -)
  • F2C(中京テレビ)
  • トランス☆LOVER(テレビ東京)
  • 大!天才てれびくん(NHK Eテレ)
  • 関ジャニの仕分け∞(テレビ朝日)- 天の声(進行役)
  • 極脳(日本テレビ) - Dr.ノウ(司会)
  • スター☆ドラフト会議(日本テレビ)- 準レギュラー
  • お願い!モーニング(テレビ朝日)

 ラジオ

  • Paradise Garage(RADIO80)
  • mihimaru GTのラジマルGT(mihimaru GTとパーソナリティを務める)
  • ニッポン放送 古坂大魔王 ツギコレ(毎週土曜日、2013年10月5日 - 2014年3月29日)

その他の出演番組

 テレビ

  • スター生たまご(1988年、日本テレビ系列局)- 中学生時代に同級生と共に出演。
  • 金曜ワイドあおもり(1988年、青森放送)- 中学生時代に同級生と共にコントを披露した。
  • ヤングのウ・フ・フ(1995年11月、テレビ東京)
  • マネーの虎(2003年11月10日、日本テレビ)ノーボトム!への出資を募るがノーマネーでフィニッシュ
  • タモリのボキャブラ天国 大復活祭スペシャル(フジテレビ)
  • アニメ星人(千葉テレビ放送)
  • あらあらかしこ(仙台放送)ゲストMCとして不定期出演
  • 今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王(テレビ朝日)「伸び悩み芸人」として不定期出演
  • サンデージャポン(2011年5月15日、TBS)
  • アリなし~アリケン★ゴールデンスタジアム~(2011年5月21日、テレビ東京)
  • しゃべくり007(2011年9月5日、日本テレビ)- 披露したネタは反響があり、Google トレンドの日本語圏の今日の急上昇ワード6位となった[18]
  • 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! (2011年10月21日、テレビ東京) - リポーター
  • 八重の桜(2013年8月4日、NHK総合)
  • 大改造!!劇的ビフォーアフター (2015年2月1日、古坂の実家のリフォーム)

 ラジオ

  • オールナイトニッポンR スペシャルナイト・上田晋也と古坂和仁のオールナイトニッポンR(不定期。ニッポン放送)
  • RABラジオ・チャリティー・ミュージックソン
  • ニッポン放送×コミュニティFMコラボレーション番組『古坂大魔王 ホットライン TOKYO』(2011年12月30日、ニッポン放送、SHIBUYA-FM、FM西東京、FMうらやす、かわさきFM)
  • 上柳昌彦 ごごばん!(2012年7月24日、ニッポン放送)上柳昌彦アナウンサー夏期休暇時の代理パーソナリティ
  • GOLD RUSH(2013年9月13日、J-WAVE)ピンチヒッター

 CM

  • イトーヨーカドー
  • 2013年初売りクリアランス[19]
  • ネットでチェック篇 - 日高光啓(AAA)、重本ことりと競演。

 映画

  • ヘルタースケルター(2012年)バラエティ司会者
  • カラスの親指(2012年)ノガミ 役

 舞台

  • +GOLD FISH(2013年2月7日-16日、東京芸術劇場)

 ゲーム

  • JKヴァンパイア ~運命のフェスタ~(2014年11月、iOS・Android)ウィスピー

 プロデュース

  • SCANDAL IN THE HOUSE - SCANDALのシングルOVER DRIVEのc/w曲
  • アイドル妖怪カワユシ♥ - アリスプロジェクト所属のアイドルユニット

 DVD

  • 上田ちゃんネル Vol.1 (2010年4月7日発売、アニプレックス)
  • 古坂大魔王 単独ライブ ベストセレクション 「メンドクサイ男」2012年8月22日発売、avex trax)

 音楽活動

  • アイドルティーンエイジライオット - カエヒロミ
  • ハエのように・・・ - カエヒロミ

脚注

 出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 『マネーの虎』(2003年11月10日、日本テレビ)
  2. [1]
  3. ピコ太郎、紅白出場決定「うれしいことだピコ」初の″HALFTIME SHOW″に - ライブドアニュース
  4. 「ペンパイナッポーアッポーペン」動画が世界的ヒット。ジャスティン・ビーバーもお気に入り -The Huffington Post
  5. [2]古坂大魔王データベース