児島一哉(アンジャッシュ)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

児嶋 一哉(こじま かずや、1972年7月16日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優。お笑いコンビ・アンジャッシュのボケ(キレ芸のときはツッコミ)担当。血液型A型。東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。

>

来歴

子ども時代

小学校では当時八王子で一番強いサッカークラブでキャプテンだった。中学校では陸上部(1500メートル)に所属。 ジャニーズ事務所に履歴書を送ったことがある[1]

東京都立日野高等学校で相方渡部と高校二年のときに同じクラスになる。二人の出会いは体育の授業が終わって着替えているときにジャンプを盗んだと勘違いされ、あらぬ疑いをかけられたことから始まった[2]

高校時代は友達もすくなく、文化祭も体育祭も修学旅行も来ないような陰の薄い生徒であった[2]

その後、お笑いを目指そうと思っていたが、当時東京にお笑いの養成所がなかった(1992年以前)ので第一歩のきっかけが分からなかった。そのため、同じ中学校の先輩であるヒロミ(B21スペシャル)への弟子入りを考え、ヒロミの妹と児嶋が同級生だったこともあり、ヒロミの母親へ相談し、母親を通じて弟子入りを願うも断られる。その後、番組収録中のヒロミに会い、直接弟子入りのお願いをするも再度断られた。「オレなんかについてもしょうがないから自分で始めたほうがいいよ」と言われ、ヒロミも所属していたことがあるプロダクション人力舎が、スクールJCAを開校する事を知り入学を決意する。

プロデビュー(1993年-)

スクールJCAの一期生として入ったが、相方が見つからずピン芸人として1993年デビュー。因みにスクールJCA一期生のオーディションで、応募者中唯一補欠合格であった(他の応募者は全員合格)。また、選考委員の斉木しげるは、パチスロの勝率が8割(当時)だったので、授業料が支払えると判断した。

アンジャッシュ結成(1994年-)

その後「高校時代の人間から相方を探そう」と電話を掛けたが断られ続け、1993年に今の相方となる渡部とアンジャッシュとしてデビュー。今の相方は5人目だった[3]

コンビ名の由来はJoy(喜)、Angry(怒)、Sad(哀)、Happy(楽)の頭文字を並べた「JASH」に否定を表す接頭辞の「UN」をつけた物で、「喜怒哀楽がない」といった意味である。

児嶋曰く「辞められたら困る」ため、コンビ結成当時は児嶋が大リーダーで全部ネタを書き、渡部を車で送り迎えし、渡部を褒めたり、近所の区民センターに申請して会議室をおさえたりと全部やっていて、渡部にとっては至れり尽くせりだった。

若手時代(1995年-)

1990年代半ば、『ボキャブラ天国』シリーズに出演。

コンビ結成2~3年目ぐらいまでは、いわゆるオーソドックスなコントをやっていた。現場ではウケていたものの、ネタに特徴があるわけでもキャラが目立つわけでもなかった。 そのため客の印象に残らず、賞レースでもなかなか勝てなかったという[2]

苦しい日々が続いたが、試行錯誤の末、アンジャッシュの代名詞とも言える「勘違いコント」が生まれる[2]。 起承転結のあるネタが高い評価を得て、徐々に頭角を表すようになった。

1997年3月14日第7回ニッポン放送高田文夫プロデュースOWARAIゴールドラッシュII優勝。1998年1月26日第10回ニッポン放送高田文夫プロデュースOWARAIゴールドラッシュII第2回グランドチャンピオン大会優勝。

1999年からは『爆笑オンエアバトル』に第一回目から出演。オフエアだったが、その後番外編としてメインのドキュメンタリーが放送される。毎回高得点を出し、チャンピオン大会ではほとんどが上位である。

ブレイク(2003年-)

2003年1月には同番組の第5回チャンピオン大会で優勝を果たした。コント勢で初の優勝、関東勢で初の優勝、人力舎芸人で初の優勝という記録尽くしのチャンピオンとなる。番組のゴールドバトラーとプラチナバトラーの両方に認定されている数少ないコンビである。

同年2003年から『エンタの神様』に出演して人気や知名度が上昇。翌年2004年『笑いの金メダル』では高い評価を受け、記念すべき第一回金メダリストとなる。

2004年9月千葉テレビ放送で初の冠番組、『白黒アンジャッシュ』が始まる。

2005年4月から『ポップジャム』(NHK)で初めて歌番組の司会を務める。

相方渡部がピンとしての活躍を見せるなか、児島は仕事がなく、羨ましい気持ちと焦りがあり一人で単独ライブをしたという[4]

2008年に黒沢清監督作品『トウキョウソナタ』に出演。 この映画がカンヌの「ある視点部門」という賞をとったことで演技力を高く評価され、色んなオファーがくるようになったという。 以降は芸人のみならず俳優としての活動も多くなっている。 [5]

2009年10月15日放送の『白黒アンジャッシュ』にてコジの乱と改名したが、2010年9月30日の放送にて本名に戻している。

現在(2010年代-)

2011年頃から、「児島だよ!」といった児嶋のイジられ芸やキレ芸に注目が集まり、ソロとしても活躍するようになった。

2011年9月10日、15年付き合った元タレントの坪井志津香と結婚した事を報告した[6]

2013年4月2日から放送されている『Girls TV! feat.SUPER☆GiRLS』にてMCを担当する。当番組で児嶋は、単独では初めてMCを担当する事となった[7]

芸風

アンジャッシュ(コンビ)

コントが中心。エンタの神様などでは、事務所の後輩の若手や第三者の女性も登場され、複数でコントを行う事もある。また、映像や音声を使用するネタも多く制作している。

  • ネタ作りは2人で行う。こういうズレが起きたら面白いんじゃないか、というのを2人揃ってブロックごとに考えるという[2]

勘違いネタ

お互いが勘違いをしながら話が進んでいってしまう、日本語の難しさを逆手にとったアンジャッシュが一番得意とする手法のネタで、彼らの代名詞ともいうべきネタ。「それぞれの会話」「誰だっけ?」「親友の母親と結婚」「同業者?」など。

  • 児嶋の場合、下ネタを連想することが少なくなく、後半になってくると勘違いに気づかないほうがおかしいワードなども飛び出してくる。結局、最後までずっと勘違いしたままネタが終わるパターンが多々で、途中で勘違いしていたことに気づくパターンは稀である。
  • また、勘違いの内容も2種類あり、同じ単語だが意味をそれぞれ違う風にとらえるパターンと、文面自体を勘違いするパターンがある。前者は小学校の先生である児嶋が「手のつけられないぐらい悪い子(悪戯やいじめをする子)がいる」という発言を、小児科の先生の渡部が「(末期がんのような)手の施しようがない悪い子」という発言だと勘違いしたりする「小児科の先生と小学校の先生」など、後者はバイトの面接で来ている児嶋の「トラックの免許を持っている(から、商品の運搬もできる)」というアピールを、児嶋を万引き犯だと思っている渡部が「トラックの免許を持っている(から、店の商品を根こそぎ盗むことができる)」という発言だと思う「バイトの面接と万引き犯」などが該当する。
  • これの応用として、渡部が児嶋の存在にすら気付かず、児嶋が渡部の発言(主に携帯電話での会話)を全て自分への指示だと勘違いするコントもある。例として「障子を隔てて」「本番直前」「診察」がある。この場合後述する携帯電話ネタの応用とも言える。

音響ネタ

渡部とマスコットの会話で話が進む。マスコットの音声は音響係の児嶋がサンプリングマシンを用いて出すが、操作ミスや不具合などで間違えたセリフが流れてしまう。

  • 使用されるマスコットとしては主に「ピーポくん」(警視庁から許可を得て正式名称で演じられる前は「ピーポー君」としていた)や「キュータ君」(東京消防庁のキャラクター)、「トレイン君」(架空の鉄道警察キャラクター)などがある。ヒーローショーで渡部がヒーロー役となり、複数の人物で行う場合もある。また二人とも誘拐犯という設定で渡部が誘拐した子供の親に電話し効果音を児嶋が流すネタも過去にはあった。
  • なお最近ではこのネタをさらに応用したものとして、連絡ミスが原因でゲストが来ないラジオ番組という設定で、渡部が司会で児嶋が音響のADとして録音素材のゲストの声をテープで再生し、渡部は児嶋が作った台本とアドリブでラジオ番組を進める派生ネタができている。渡部の質問に対し児嶋が流すゲストの声はあまりに的外れなためCM中に児嶋が渡部に「なんだこれ?」と言われる。「ゲストのお天気お姉さんが来ない」や「新婚のプロ野球選手とお料理番組の女子アナが来ない」等。このネタは後述するバカAD児嶋ネタを応用したネタとも言える。ちなみに音響ネタが前半で使用した台詞を後半に流用して笑いを取るのに対し、ラジオネタは台詞全てがネタとなっている。

映像ネタ

バカADこと児嶋がディレクターへの昇進をかけて、映画や飲み物のCM・通販番組などを作成したり、年賀状や旅行の写真等児嶋が作ってきたものや、持ってきたもの、または防犯カメラでの児嶋の様子などを2人で見るというもの。これらのネタは「巨大モニターで状況を確認する」という点が共通している。ミスの内容は始めは初歩的なものが多いが、回を重ねるごとにだんだんエスカレートしていく。また、児嶋がADのネタでは後半、児嶋の態度が悪くなってくる。

  • また番組編集ではモニター内で渡部が司会、児嶋がゲストを演じることが多い(その他は主に事務所の後輩が出ている場合もある)。なお最近ではこのネタを応用したものとして前述したとおり音響ネタの応用したネタとミックスしたラジオネタがある。

携帯電話ネタ

つながりのない二人が隣りに座り、それぞれ携帯電話で別の話をしているが、お互いの発言内容が変な感じに会話として噛み合ってしまう。「生徒と会話する家庭教師/友達と会話する男」、「娘を誘拐された父親/彼女と会話する男」の2バージョンがある。この種のネタは最近ではあまり見られないが、応用形として前述の勘違いネタとミックスしたネタが多い。

  • もともとジュンカッツ(名倉潤(ネプチューン)が所属していたコンビ)のしていたネタに影響を受けて始めたもので、アンジャッシュが現在の作風を築く基礎になったネタである。

泥棒ネタ

泥棒(児嶋)が忍び込んだところを関係者(渡部)に見つかってしまい、渡部が児嶋を近日来るはずだった人物だと勘違いし、児嶋がその人物に成りすましてごまかそうとする。「アイドルの楽屋に泥棒」「ご祝儀泥棒」「お笑い事務所に泥棒」の3つがあり、エキストラが登場することも多い。

  • その他、「2人の空き巣」のように渡部も泥棒であり、空き巣に入ったところ偶然同じく泥棒である児嶋と鉢合わせし、お互いをごまかすために各々を家人かその関係者だと偽ってごまかそうとするパターンもある。
  • また、これに似たネタで、置引き犯・児嶋が盗品を自分のものだとごまかそうとする「職務質問」や児嶋が借金から逃れるために別の人物だとごまかす「借金取り」などもある。
  • なお、別の人物だと誤魔化すとその人物がおったことになってる債務等をかぶるのがお約束である。 ちなみにいずれのネタも、ドラマ『古畑任三郎』の第22回「間違われた男」に酷似した展開が見られる。

部屋ネタ

二つの部屋に暮らす二人の全く違う行動が次第にリンクしていくコント。例えば「ダーツを投げる渡部」と「首を捻った児嶋」の行動がリンクし渡部が投げたダーツが児嶋に当たったように見えたり、「女の子をデートに誘う児嶋」と「大相撲を見ている渡部」の行動がリンクし渡部が女の子をデートに誘う児嶋を応援しているように見える等。

小ネタ集

短いネタをテンポよく連発していくコント。「感動エピソード」「実は…」「どきどきする瞬間」など。

  • ちなみに披露するのが1分ネタに限られる爆笑レッドカーペットでは「感動エピソード」を1本だけして終わるようにしている。

児島一哉

相方渡部のピン仕事が増え始めた時期から、それまでの「作り込んだコントを正確に演じる」イメージと異なる「ダメ芸人」キャラでバラエティ番組に登場することが増えた。本人曰く最近ではボケというよりも「イジラレ」というポジションであると述べている[8]

  • 『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』において児嶋と渡部が語るところによれば、昔から(天然気質を)隠し通して来たが近年になってボロが出始め、「自分が思う自分ではなく、他人が思う自分を受け入れるべき」と児嶋も考えを改めたため、現在のキャラに至ったとのこと[8]。このキャラ変更以後、わざと違う名前で呼ばれ「児嶋だよ!!」と声を荒らげるというギャグが生まれている。それを含め、いじられキャラで通すパターンが定番化した[9]
  • いわゆるあがり症で人前に出ると喋れなくなってしまい、だいぶ慣れてきたが未だにあがり症。とにかく体が震えること、緊張でカンペが読めなかったり、一般人がボケて来ても緊張で返せなかったりしたこともあったという[10]
  • 犬が大の苦手であり、『ネリさまぁ〜ず』の罰ゲームでは汗だくになりながら大型犬と戯れた[11]
  • 味覚オンチである。牛肉と豚肉、鶏肉の区別やキャベツとレタスの区別ができない。
  • キノコ類にいたっては「考えてもわからない」と言っている[12]

エピソード

  • 「児嶋がハマったものは廃れる」というジンクスがある[12]
  • プロ雀士の資格(日本プロ麻雀協会)を持っており、麻雀サイト「こじまーじゃん」も開設している。麻雀に関して真剣に挑んでおり、大会での敗戦時にはプロに指導を乞うなど本気度が垣間見える。また、麻雀で培った読み能力や推理力も高く、『Numer0n』第5回大会ではアイテムを使い番組タイ記録となる3ターン勝利や、対戦相手の性格を読んで番組初となるシャッフル直後に的中させるなどを見せ優勝した。
  • 大型自動二輪の免許を持っており、バイクが趣味。
  • 漫画『ONE PIECE』のファンだと公言している。明石家さんまに『ONE PIECE』を勧めたことがある。
  • 妻の影響で[3]ももいろクローバーZのファンとなった。2012年中は「プライベートはももいろクローバーZ一色」と話している[13]。また『Girls TV! feat.SUPER☆GiRLS』で共演している為、SUPER☆GiRLSとは親交が深い。
  • 渡部の影響で、2008年ごろからヨガをはじめ、2016年に「ヨガジャーナル presents Yoga People Award 2016/ベスト・オブ・ヨギ(男性部門)」に選ばれる[14]
  • 明石家さんま、ワッキー(ペナルティ)、じゃい(インスタントジョンソン)とは麻雀仲間である。また小沢一敬(スピードワゴン)の事は「最強のライバル」と認めており、「記憶力や観察力がとても高く、自身だけでなくその時の対局者全員の大まかな配牌や流れを記憶している、つまりその場の全員の状態や心境を把握できている」と評している。
  • 柴田英嗣(アンタッチャブル)小木博明(おぎやはぎ)狩野英孝と仲が良い。陣内智則とは誕生日を祝ったほど仲がいい。
  • 過去に上田晋也(くりぃむしちゅー)の家に同居していた時期があり、今もプライベートで仲が良い。
  • バナナマンとも深い交流があり、設楽統に「日村さんよりダメな人間を初めて見た」などと言われている。TBSラジオの『バナナマンのバナナムーン』で日村とダメ人間対決をするなど、児嶋の初めて本格的に弄りだした番組とされている。また、設楽統を筆頭に 松本人志(ダウンタウン)有吉弘行など弄る芸人が増えた。

受賞歴

出演番組

アンジャッシュ

テレビ

  • 白黒アンジャッシュ(チバテレビ)
  • 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!(テレビ東京)※隔週
  • ココロ部!(Eテレ)

CM

  • 資生堂『uno』(2005年)
  • ミニストップ『宇治抹茶ソフト』(2006年)
  • スクウェア・エニックス ニンテンドーDSソフト『ファイナルファンタジーIII』(2006年)

MV

  • Sowelu 『I Wonder』(2007年1月)※顔全体はほとんど映っていない。

DVD

  • アンジャッシュベストネタライブ「キンネンベスト」
  • アンジャッシュ〜クラダシ〜
  • アンジャッシュ単独ライブ〜THIRD EYE:開〜
  • アンジャッシュネタベスト
  • アンジャッシュ「五月晴れ」
  • 爆笑オンエアバトル(アンジャッシュ9ネタ収録)
  • 白黒アンジャッシュ1〜5
  • アンジャッシュのタイツくん〜男のたしなみ〜ON盤
  • アンジャッシュのタイツくん〜男のたしなみ〜OFF盤


児島一哉

テレビ

  • ポンコツ&さまぁ〜ず → 超ポンコツさまぁ~ず(2014年10月11日 - 、テレビ東京
  • バックキングカム宮殿(2016年10月8日 - 、静岡第一テレビ) - MC

ドラマ

  • 大河ドラマ龍馬伝 第1話(2010年1月3日、NHK) - 近藤廉平 役
  • 月曜ゴールデン 緑川警部シリーズ(TBS) - 久本孝之 役 (「緑川警部 VS 16時02分の路線バス」(2010年7月26日)、「緑川警部 VS 殺人トランプ」(2011年9月12日))
  • フリーター、家を買う。(2010年10月19日 - 12月21日、フジテレビ) - 北山雅彦 役
  • フリーター、家を買う。スペシャル(2011年10月4日)
  • 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!(2011年1月3日、TBS) - 佐藤 役
  • マルモのおきて 第2・7・9話(2011年5月1日・6月5日・12日、フジテレビ) - 千葉亮一 役
  • マルモのおきてスペシャル(2011年10月9日)
  • マルモのおきてスペシャル2014(2014年9月28日)
  • 生まれる。 第6話 - 最終話(2011年5月27日 - 6月24日、TBS) - 玉木 役
  • 下流の宴(2011年5月31日 - 7月12日、NHK) - 水谷龍彦 役
  • ダチタビ 〜第一章 ダルセーニョなキャンプ(2011年10月5日、日本テレビ) - パン屋店員 役
  • ダーティ・ママ! 第1話、第2話(2012年1月11日・18日、日本テレビ) - 三宅誠一 役
  • 名探偵コナンドラマスペシャル 工藤新一 京都新撰組殺人事件(2012年4月12日、読売テレビ) - 鷺沼昇 役
  • 連続テレビ小説 梅ちゃん先生 第27話(2012年5月2日、NHK) - 巡査 役
  • 花のズボラ飯(2012年10月23日 - 12月25日、MBS) - 早井 役
  • 東京全力少女 第4話(2012年10月31日、日本テレビ) - ホテルフロント 役
  • 黒い十人の黒木瞳2 「黒いクレーマー」(2012年12月29日、NHK BSプレミアム)
  • ちいさいぜ!ちょこやまくん(2013年4月11日 - 5月2日、NHK Eテレ) - 主演・横山弘 役
  • 救命病棟24時 第5シリーズ(2013年7月9日 - 9月10日、フジテレビ) - 安藤直利 役
  • スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん(2013年10月1日、フジテレビ) - さくらひろし 役
  • ルーズヴェルト・ゲーム(2014年4月27日 - 6月22日、TBS) - 豊岡太一 役
  • ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜 第1話(2014年10月2日、読売テレビ) - 沢田 役
  • 花咲舞が黙ってない 第2シリーズ 第1話(2015年7月8日、日本テレビ) - 辻本健二 役
  • 初森ベマーズ 第1・8・9・11・12話(2015年7月10日・8月28日・9月4・18・25日、テレビ東京) - 小島先生 役
  • 5人のジュンコ(2015年11月21日 - 、WOWOW) - 福留広太 役
  • マザーズ2015 〜17歳の実母〜(2015年12月19日 、中京テレビ) - 北沢アキオ 役
  • ふなっしー探偵(2016年1月7日、フジテレビ) - 平塚平助 役
  • 臨床犯罪学者 火村英生の推理 第3話(2016年1月31日、日本テレビ) - 城戸誉 役
  • コントレール〜罪と恋〜 第6話(2016年5月20日、NHK) - 仲田 役
  • 受験のシンデレラ (2016年7月10日 - 8月28日、NHK BSプレミアム) - 宇佐美宏一 役
  • ヤッさん〜築地発!おいしい事件簿〜 第2話(2016年7月29日、テレビ東京) - 食才人 役

映画

  • トウキョウソナタ(2008年9月27日、ピックス) - 小林先生 役
  • クヒオ大佐(2009年10月10日、ショウゲート) - 高橋幸一 役
  • 恋の罪(2011年11月12日、日活) - 正二 役
  • 目を閉じてギラギラ(2011年10月22日、日活)- 小田島 役
  • 映画 謎解きはディナーのあとで(2013年8月3日、東宝) - パラジ・イスワラン 役
  • 万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−(2014年5月31日、東宝) - 喜屋武友禅 役
  • 飛べないコトリとメリーゴーランド(2015年7月4日、ソニー・ミュージックアーティスツ) - 羽田正男 役
  • HERO(2015年7月18日、東宝) - 矢口繁之 役
  • 闇金ウシジマくん Part3(2016年9月22日)
  • 少女(2016年10月8日、東映) - 小倉一樹 役

劇場アニメ

  • コウノトリ大作戦!(2016年11月3日、日本語吹替版) - トーディ 役

CM

  • NTT東日本 FLET'S 光(2012年)
  • トヨタ自動車 「ラクティス」(2013年1月)
  • リクルート ゼクシィ(2013年5月 - )

配信シングル

  • なろうよ (2016年3月9日) ※ 宇野実彩子(AAA)とのデュエット曲

PV

  • GUMMY 「信じてる…」(2013年4月3日) - タケシ 役
  • MISIA 「幸せをフォーエバー」(2013年9月4日) - 森 役

脚注

出典

  1. “アナザースカイ 2009年12月11日 23:00~23:30 O.A.”. 日本テレビ (2009年12月11日). 2016年11月26日閲覧
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 6年ぶりの単独ライブを収録したDVD発売! アンジャッシュインタビュー - 女性自身[光文社女性週刊誌]
  3. 3.0 3.1 “TVでた蔵「2014年2月16日放送 9:55 - 10:55 日本テレビ 誰だって波瀾爆笑」”ワイヤーアクション (2014年2月16日)2016年11月26日閲覧
  4. 価格.com - 「誰だって波瀾爆笑 ~結成23年!アンジャッシュ…渡部&児嶋が2人飲みで本音激白!~」2016年10月16日(日)放送内容 | テレビ紹介情報
  5. 『いい男はマーケティングで見つかる』でドラマデビュー。
  6. アンジャッシュ児嶋、指輪輝かせ改めて結婚報告「挙式は来年」(2011年9月21日)2016年11月26日閲覧
  7. スパガ、アンジャッシュ児嶋に抱腹絶倒! 新レギュラー番組の初回収録が終了</(2013年3月5日)2016年11月26日閲覧
  8. 8.0 8.1 “TVでた蔵「2011年10月9日放送 2:10 - 2:40 テレビ朝日 ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」”. ワイヤーアクション(2011年10月9日). 2016年11月26日閲覧
  9. “アンジャッシュ児嶋『HERO』であの人の結婚相手に!?”. MovieWalker (2015年7月16日). 2016年11月26日閲覧
  10. “TVでた蔵「2013年5月30日放送 23:15 - 0:15 テレビ朝日 アメトーーク!」”. ワイヤーアクション (2013年5月30日). 2016年11月26日閲覧
  11. “ネリさまぁ〜ず SECOND SEASON 2015年2月15日放送回”. gooテレビ (2015年2月15日). 2016年11月26日閲覧
  12. 12.0 12.1 “お笑い芸人 豪快伝説 其の三十二『アンジャッシュ』”. リアルライブ (2012年10月10日). 2016年11月26日閲覧
  13. “【人力全開!アンジャッシュ】ももいろクローバーZな1年 児嶋一哉”. 産経ニュース(2013年1月28日). 2016年11月26日閲覧
  14. “アンジャッシュ児嶋:ヨガ界に貢献「ベスト・オブ・ヨギ」受賞に恐縮”. MANTANWEB. (2016年4月29日) 2016年11月26日閲覧