ゆいP(おかずクラブ)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

ゆいP(1986年04月28日-)は、お笑いコンビ「おかずクラブ」のメンバー。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

略歴

1986年に兵庫県伊丹市に生まれる。本名は藤野ゆい(ふじの ゆい)。東京都立久留米高等学校卒業後、桜美林大学に進学。その後NSC東京に入学し、2009年にオカリナらと「おかずクラブ」を結成。キャッチフレーズは「よしもとのセックスシンボル」。ゆいPのPはピュアの意味を持ち、男性経験がないと公言している。

おかずクラブのメンバーの脱退が相次ぐも、ゆいPとオカリナの二人でコンビとして活動を続ける。

その後『ぐるナイ』に出演したことをきっかけに、コントで人気を博しブレイク。

内村が司会を務める『トリックハンター』(日本テレビ系)にたまたま出演したのを見て気に入る。[1]

芸風

おかずクラブは少女漫画のパロディ風なコントが多く、「自分を美人と思い込んだブス」を演じる。ゆいPの「これがお前らのやりかたかー!」という決めゼリフが有名。 控えめなオカリナに対し、ゆいPはガツガツ前に出て行けるタイプの芸人であり、ルックスも相まって大きな存在感を放つ。

エピソード

  • おしりが汚いことがコンプレックスらしい。
  • 自称平愛梨似であり、平愛梨本人と2ショットを撮ってもらったことがある。
  • やせたら可愛いのではないかという意見もある。
  • 横澤夏子との不仲説がある。
  • 体が大きいだけでなく、相撲が非常に強く『イッテQ』のロケなど無類の強さを誇る。「有吉ゼミ」の相撲対決では、ヒロミを秒殺したほどである。[2]
  • ブレーク中の売れっ子にもかかわらず、2015年5月の給与が8万5000円だったと告白した。[3]
  • 特技はお腹芸の「手を使わずにサンドイッチを作る」と「手を使わずにパチンコを飛ばす」である。[4]
  • ゆいPは大学時代に就職活動として2~3社受けるも、「なんか違うな、自分の好きなことをやろう」と決めて、要領がいい人だけがいいところに受かるという就職活動のシステムが合わなかったと過去を振り返り、NSCに入る時は大学の友だちには一切言っていなかったという。「まわりには「漠然と就職活動をやめたやつ」と思われていたでしょうね。」とその当時のことを回想している。[5]
  • 『めちゃ×2イケてるッ!』のパロディ企画「超痛快!リトルダディ」にて、リトルダディ役の岡村の妻、美奈子役を演じていたのは実はゆいP[6]

主な出演作

映画

「妖かしの恋は一陣の風に」オカルトライター 神崎真白役(2014年6月池袋、大阪公開)

舞台

「アンタッチャブー」福田雄一脚本(2013年5月17~26日公演)

テレビ

「めちゃイケ」リトルダディ美奈子役

ドラマ

「福岡ステイハングリー」2話ゲスト、片瀬詩織役(プロレスラー)

ドラマCD

「妖かしの恋は一陣の風に」オカルトライター 神崎真白役

脚注

出典

  1. ブサイク女芸人「おかずクラブ」をブレークさせたお笑い界のキング
  2. ヒロミがおかずクラブのゆいPに相撲で秒殺される - ライブドアニュース
  3. おかずクラブが月給を激白 大ブレーク中も「先月は8万5000円」 - ライブドアニュース
  4. 吉本興業ホームページ
  5. おかずクラブ「芸人になる道を選んで良かった」|しごとの相談室
  6. おかずクラブ“ゆいP”は『めちゃイケ』リトルダディの美奈子役だった!本家美奈子とのつながりも!| LAUGHY[ラフィ]