おたけ(ジャングルポケット)

提供: 【芸人wiki】お笑い芸人の生き様を伝えるwiki
移動先: 案内検索

おたけ(1982年 12月 02日-)は、お笑いトリオ『ジャングルポケット』のツッコミ担当。身長171cm、体重62kg、血液型がAB型である。

来歴

子ども時代

1982年12月2日生まれ。東京都出身。

元は美容師であったが廃業し、お笑い界へ。斉藤の髪型は彼がセットしている[1]

実家は月島でもんじゃ焼き屋『竹の子』(武山の子供→竹の子)を営んでいる。

ジャングルポケット結成(2006年-)

NSC東京12期生として入学。養成所時代は真面目な方ではなく、あまり学校に行ってなかった[2]。 当時はガツガツしている同期に対し、「勝負は卒業してからなんじゃないの?」と引いて見ていたという[2]

NSC卒業前の飲み会の席で(当時互いにコンビが解散したばかりの)おたけと太田でコンビ結成の話をしている際に、当時既に実力を発揮していた斉藤が聞きつけ、「お笑いのデカい山を動かしますか」と言ったことがキッカケでトリオを結成。 太田は最初、斉藤と組むのは迷ったと言い、斉藤は太田の声の大きさに惹かれたという[1]

若手時代

以前に『セミ』というバンドを組んでいた。パートはボーカル&カスタネット。

2009年、吉本若手芸人で構成されたユニット『東京ワン・ダース』のメンバーとなる。そのほかメンバーは、チョコレートプラネット・井下好井・タモンズ・渡辺直美・メメ。

2009年と2010年、2年連続で東日本学園祭キングに輝いた。

ブレイク(2010年代)

「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)、「爆笑オンエアバトル」(NHK)、「エンタの神様」(日本テレビ系)などに出演し、主にコントで人気を集める[3]

キングオブコント2009で初の準決勝進出。以降、2014まで6年連続で準決勝進出。2015で念願の決勝進出を果たし、4位に終わる。2016では1stステージで1位タイで折り返すが、Finalステージでライスに僅差で競り負け、無念の2位に終わる。

M-1グランプリ2009で初の準決勝進出。2010準々決勝進出。

THE MANZAI2012で初の認定漫才師。2014認定漫才師。

『爆笑レッドカーペット』

2014年9月17日のよしログにて、かねてから示唆していた『おたけ』に改名することを発表し、9月24日付けで改名。

芸風

コント

主にコント。居酒屋やコンビニエンスストアなど店の設定が多く、斉藤がちょっとしたこと(1円玉を拾った、バーゲンセールの広告が来た、トイレを貸してほしいなど)を大げさに頼み、太田も徐々に同じノリで大げさに答え、おたけがツッコむパターンがある。

  • シチサンライブで「劇団ジャングルポケット」というユニットコントを披露している。ただしシチサンライブなどでMCを務めるときなどは、向かって右が斉藤、中央が太田、左がおたけとなる。最近ではこの立ち位置で漫才をする方が多い。
  • 3人揃って「ハーッ」と叫ぶと同時に手をパーにして胸の前でクロスさせ、手の甲を見せる決めポーズがある。その際、おたけと太田が左右に分かれ、中央に斉藤が立つ。
  • コント中では斉藤はプリズン・ブレイクなどの海外ドラマに感化されたことを自白し、太田はおたけに「ドラマ(映画)の見過ぎだよ」と突っ込みの一部に理由が入る。
  • 元々はおたけも熱いキャラだったが、演技が下手でセリフが言えず、今のキャラクター(冷静なツッコミ)になった。
  • 最後は大体おたけの「何なんだお前ら!」という言葉でネタを締める。

漫才

  • AGE AGE LIVEなどでは漫才を行うこともある。立ち位置は、向かって左から斉藤、おたけ、太田。その場合に斉藤がツッコミを担当するものもある。M-1グランプリ2009では斉藤がツッコミを担当する漫才で準決勝まで進出している。
  • 漫才のときには、3人で揃いの衣装を着る。黒いシャツにグレー地のスーツという出で立ちが多い。また、おたけがボケとなり斉藤がツッコミを行う。

エピソード

人物エピソード

  • トリオ内、唯一の喫煙者。
  • 目とアゴに整形手術を受けている。これはトリオのなかで存在感も薄く役割もなかったため、話題作りのためと語っている[4]
  • 天然な部分もある。
  • Twitterでは文末に「おたけサイコッチョー」とつけている。

コンビエピソード

  • トリオ名は競走馬のジャングルポケットから来ている。斉藤が競馬好きだったのもあるが、決めたのはおたけ。「競馬の馬の名前って、好きじゃない人も何か聞いたことがある耳に残る名前が多いと思った」といい、「あと、略したときに格好いい。『ジャンポケ』って略してもらいたかった」とこだわりを語っている[3]
  • 解散の危機は3度。おたけが大遅刻することが多く、学祭で武山が来なかったこともある。なお、解散の危機が来ると、『レッドカーペット』などテレビの仕事が決まるというジンクスがあったという[3]
  • キングオブコント2016では、2本目のネタがなかなか決まらず悩んでいたが、やっと斎藤と太田が意思を固めた瞬間、おたけが「俺は10年間お前らとコントをやってて一本も面白いと思ったことがない」とその場を顧みない一言を発し、これを聞いた斎藤は激昂、おたけの胸ぐらを掴み大喧嘩になった[5]

受賞歴

  • 2013年 第34回ABCお笑いグランプリ 8位
  • 2015年 キングオブコント 4位
  • 2016年 キングオブコント 2位

出演

DVD

  • 「ルミネtheよしもと~業界イチの青田買い2008夏~」

舞台

  • ヨシモト∞ホール「AGE AGE LIVE」不定期出演中
  • 神保町花月公演「ソビエト」
  • 「8848」
  • 「難民先生」
  • 「ダブルブッキング」
  • 「生きるきっかけ」

出典

  1. 1.0 1.1 De☆View 2013年4月号(オリコン・エンタテインメント)より。
  2. 2.0 2.1 ジャングルポケットインタビュー よしもとNSC&YCC第2弾 (3/5) - お笑いナタリー Power Push
  3. 3.0 3.1 3.2 ジャングルポケット:東京吉本の若手看板スター  いまさら聞けないネクストブレーク芸人 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
  4. 顔をイジってでも売れたい!「整形手術」しちゃった芸人たち - エキサイトニュース
  5. ジャングルポケット、キングオブコントのネタ決めで大ケンカ!?太田と斉藤を驚愕させたおたけの一言とは?